ソースファイルの軽量化

ついに、スマップ解散へ。(スピリチュアルで口説いてみる)

スピリチュアルセラピストのアーラです。


精神世界ののほほん記録!

お久しぶりの芸能・スピリチュアル記事です☆



スマップ




それは国民的アイドルでも代表的なアイドルでもあり、


気がつけば世界からも注目されるくらいのアイドルグループと言えます。


ジャニーズ系の曲から、黄金期の曲、新世代の曲、

本当に、時代の流れに沿って、素晴らしい影響力と集合意識を作り出してくれたと思います。


個人的なリーディングでは、


森くんが去ってから、5人になり始めたときからのスマップが、


ジャニーズから本格的に独立した活躍を見せた、クオリティと天性のパワーとその履歴が始まったのではないかと感じます。

それまでは、ジャニーズの中の素敵なアイドルたちっといった感覚です。


30年前?くらいの

小学生~中学生くらいの香取くんや木村くんの姿や浮世になっている姿を見ていて、

これは、年を取れば取るほど、危なっかしい将来と性格になるだろうっと不安を感じていました。



この20年~30年で、どれだけ日本という時代と社会は世界に揺さぶられたり、定まらない世代でころころ変わっていったか、


そんな時の流れは、世界が注目して良いくらいの、相当な不安定な流れであると感じられます。
そんな中で、時代に取り残されたり、時代に壊されたりせず、時代の波に乗って成功を収めて来れた者や存在というのは、


かなり強力な成功者・・・まさしくドラゴンロードの叡智に達するっといっても過言ではないかもしれません。




その一つが、スマップなのかもしれません。


スマップは、結構、いろんな不安定な事情やいろんな裏事情が、業界や社会的モラル、

とにかくいろんな現実が突き刺さってはかわして、


裏では、精神的にも不安定な経緯で存続してきたのではないでしょうか。



彼らの周りには、ストレスとなるとものがやってきたりして、

それをかわす方法や関わる方法も知らず、

とにかくジャニーズという巨大な山が、自分関係なく無理に無理にステージへと背中を押されることも多ければ、

自分を守ることが必死で、子供(インナーチャイルド)としての自分を認識することもできなければ、とにかく敷かれた絨毯のままに、未来にいくことだけが必死だったのではないかと感じました。


そして、彼らが落ち着いた年齢になり、彼らにとって落ち着いた時代と感じられたとき、

ようやく、彼らは、真剣に「自分」っという存在に、無意識に光を照らすことができるようになったのです。





自分に光を照らし始めた途端、それまで周りが築いてきたことや仲間だったこと、その強い絆や意識レベル、どんなにファンに守られてても、どんな人脈や経歴、スポンサーたち、生みの親たちに守られていても、



「自分」という存在を悟ってしまった、その意思ほど、強力なものはないのです。




そこに、現実と自己の精神世界に大きなすれ違いのようにできれば、トラブル、不仲、悲しみ、辛さ、ストレスがじゃんじゃんエナジーとして出てきて当然の話なのです。





これは、誰が良いとか、誰が悪いとかの問題ではなく、


自分へ気付いていくための人生として、いい加減に自分ひとりとして個性で立った生き方をしたい・・・・もう心や自分が無視された絨毯を歩く人生には疲れた




っというような魂のメッセージが、強く強く表されているようなものが隠れています。



しかし、今回のスマップ解散への道で、

そんな五人の中でも、最も幼稚さが出ているのが


香取信吾です




彼は、ここ5,6年くらいのテレビでのパーソナルを見ていると、


とにかく、いつになっても子離れできていないような、すぐに何かしら無意識に人に甘えたがる人格が隠れているのです。


成長しようとしないふらふらした5歳児っと言ってもいいかもしれません。

なぜなら、彼は、とにかくスマップで輝くことが大好きだったからです。

それ以外に何もないのです。



収録が終わった後、中井君とごろうちゃんが、一緒に趣味で関わっていたりと、

そういう自分は、まるで人間関係に不安や恐れを持って、常に愛されることを求めているパーソナルが無意識に出てくるのです。




つまり、彼の場合は、自ら成長しようともしない人格があるということです。



こうなるとどうなるかというと、


スマップメンバーが、もう旅立とうぜっていう意識レベル、その新しい時代へ行こうっという

魂の未来に沿っていこうとしてるときに、



彼は、いつまでも仲間意識や絆や愛を優先にして、

それを壊すものは許さないっという強い人格が優先されているのです。



それが、幼稚な自分を守るために生きてきた過去の自分です。


つまり、香取信吾は、スピリチュアリティとしては、スマップを卒業できていない、卒業したくないっということになるのです。



だから、ここまで気持ち悪くて、冷酷さを感じられるスマップの終わり方っと言えるのです。




でなければ、スマップたちも本気で最後の総力を入れて、「いいとも」のようにグランドフィナーレのような素晴らしい黄金番組ができたはずです。






お話を変えて、


木村たくやは悪いのか?




きむたくは、今まで個人的に嫌いでした。

ただただかっこつけていることにばかり乗り切っていったイメージが強かったです。


しかし、ここ4年~5年の木村くんは、

その真意・・・魂の才能が見えるようになってきて、私は隠れて好きになって行きました。


その魂の真意とは、


木村くんは、常に素直に前に進んでいる人間であり、それは世間から見た自分のキャラへ、それが自分であると、他を考えずに、決めてきたカリスマ性のある人間のように感じられるのです。


だから、木村君は、最初上記で話したとおり、あまり自分のインナーチャイルドの存在を照らしていなく(一方的なエゴを優先しているのではなく)、そんな邪念のような影響力もなく、


スピリチュアルにおいて、常に未来を決める、決断力の意思が、メンバーの誰よりも優れているのです。



そして、スピリチュアルにおいて、誰よりも未来に光を高速に進めているようで、意外な行動があるのです・・・メンバーから見たら空気の読めない行動に見えるのでしょう。




木村くんは、今度は自分ひとりでこれから未来を切く時、気持ちと行動がとっても早いのです。




独立しよう!


いや、やっぱり俺の未来はジャニーズにある。




一見、裏切ったり、ころころ心変わりするように、周りに迷惑をかけているように見えるが、



彼は、心と未来への行動が一緒と言っていいほど、とにかくスピードが速すぎて、自分の気持ちと未来を決めているように感じられました。




ただただかっこつけてるやつだったのに、


そのアイドル人生で築いてきた意味は、今ようやく現実世界へ貢献し始めているのかなって感じられました。


私は、その木村くんの顔、パーソナルが、嫌いではなくて、だんだん受け入れやすくなっていったのです。


彼の魂の行動は、一見、自分勝手に見えて、それは正直に生きている木村君にしかできない、「世間が見て愛してきた木村たくや」っという本人自身がそれを愛して選択したものでした。




それは、意識レベルの高い行動力なのです。






なんで高いって言えるのか??



他の人だったら、明らかに、


スマップの熱い意識、情の意識や周りの意識に駆られて、

それを大事にして、今の自分と比較し、考えたり、悩んだり、反抗したり、

それは自分が作り出した悩みからできているからです。


しかし、木村君は、そのときの現実を無視して、不安を生むこともなく、

無意識な自分なりの正直な道を決めたんだと思います。




木村君は、スマップの中でも、いつだって先に行き過ぎたスピリチュアルリーダー



と決め付けても過言ではないと言えます。




最後に、

こんな影響力をもったスマップメンバーの内紛のなかで

最も辛いのは、リーダーである中井君なのだと思います。




中井君は、超繊細な人間だからこそ、リーダーとして

スマップという解散は、それなりの芸能界、音楽業界、そして世界にも、もっともっと輝く最高のものにしたかったと思います。



でも、それさえ考えられない、やるだけで必死な内紛だったと思われます。

5人揃うだけで、大変だったと思います。


皆さんが感じているように、



香取信吾くんの無能な幼稚さは、香取のキャラのさらに奥にいるインナーなキャラなので、

世間がなんと言おうなんだろうと、

それを育ててきたのも祭ってきたのも世間であり、

解散ではどうすることもできないのです。


彼は、これから、一人で生きていく試練やら学びやらがやってくるのでしょう。


ただの幼稚なら、まだしんごくんらしく可愛らしいのですが、

これは、スピリチュアリティにも「無能」というレベルまで達している気がします。


いつだって、ただただテレビの前、甘えられる人の前で輝き、


何も考えず、自然の良い人悪い人といった心の許容範囲でしか、物事を学んできていない気がします。

それは、人生経験は関係なく、人生で築いてきたスピリチュアリティのクオリティーには、何も学んでないっと言っているのです。



業界や社会、国、人は、裏切りがあって当然の話です。




大切なのは、人が「裏切り」「許さない」っと決め付けたことが、最もな罪であるということ。



それは、人を人として尊重できない闇の道の始まりです。






確かに意識世界においては、

個人的には、


飯島三智や工藤静香といった周りの人間たちは、

良くない意味でスピリチュアリティにおいて、やばい連中ばかりです。


しかし、芸能界の裏に暴力団が付きやすいってのと同じくらい、

芸能界の汚さは、なんでもありです。


そんな中でのアイドルっという子供たちは、必死に生きてきて、

必死に「自分」という気付きを見つけて生きてきたのです。


そのインナーな子供たちにとっては、やばい連中が、完全にやばいわけでもなく、

その人たちの権力、人脈、派閥、パワー、影響力、フィクサーといったお陰で、守られて卒業できてきたわけでもあります。そしてこれからも何かしら見えないところで守られていくのです。



だって、芸能界の始まりやアイドルの歩き方、そのスタンスを教えたのは、彼らなのだから、

独立したからって、そのほかの成功方法を知っているわけがないのです。





そして、そのお陰で、私たちの心の中には、スマップという熱い時代を刻むことができるのでしょう。



しかし、この解散までの酷い終わり方は、スマップのメンバーたちが選択した結果でもあります。




権力や派閥を持つ人間たち、その集合意識の人間たちが、こんな汚い終わらせ方は絶対にしません。


スパッと終わらせるか、歴史に残すような最高に綺麗に終わらせるか


がこれが普通です。



今回は、実際にスマップを見てきた業界関係者のお客さんやそこにいるエンライトメントワーカーさんのお話などを頂いた上、私が感じた記事でした☆




☆お知らせ☆


現在、個人セッションやスピリチュアルワークを受けていただいた方には、プレゼントをご用意しております☆

さらには、ヤングリビングのアロマヒーリングを無料で受けれる抽選会を行っております。


名づけて、

クリスマス&年末年始・プレゼントふぇあ実施中です!!(↓詳細)
年越し&クリスマス☆プレゼントスペシャルフェアを始めます。 期間限定ふぇあ


年末年始フェア、開始からの記事
(初めての方歓迎☆募集中)クリスマスフェア&年越しフェア中です。まだまだプレゼントがあります!




☆初めての方、ぜひお申込みお待ちしております!!






愛と感謝を込めて

良い輝きを☆
line

<警告>親の言うことを聞いたら、あなたの人生は終わります。

スピリチュアルセラピストのアーラです。



ソウルエンライトメント・ファーストステップの叡智においてのお話です。




私たちは、大人です。



親から自立することができる私たちは、もう親の言うことを聞く必要は全くありません。








しかし、私たちはそれでも、親をどこかで好きでいて、それは同情への入り口になったりする弱みを見せてしまうことがあります。


そして、

周りや教育は、親を大事にしなければ、親不孝ものだとか、いろんなレッテルを貼り付けてくる恐れがあり、何よりも、『親を大切にしなければならない』強制的な意識が暗黙に存在しています。




最終的に、そのベクトルに仕向けられた親の本心は、こういう仄めかしが聞こえてきます。

お前を育ててやったのだから、親孝行して当たり前だ。助けてくれぇ。




介護して当たり前だ。




果たして、親というものは、そこまで私たちが余裕もって恩返しするほど、愛してくれたでしょうか?

育ててくれたでしょうか?






もし、あなたがそこまで余裕もって育ててくれなかったのであれば、


即刻、親を手放すことをお勧めします。



魂の叡智においての真実の答えとしては、


残念ながら私たちは、『人』として産まれた時点で、どんなに血が繋がっていようが、どんなに切っても切れない縁だろうが、どんなに深く愛されたり裕福に育てられてこようが、その時点で周りは全てが『他人』という人間なのです。



大切なのは、あなたが現実世界で『 生まれてきてよかった 』と幸せになるほど、親から育てられてきたかどうかということ







あなたは、『生まれてきてよかった』っと感じていますか?




私は何度も聞きます。


本当に、あなたは、『生まれてきてよかった』っと感じて生きていますか?





YESと答えたあなた、


それは、親に『恩に化けたただの借り』があると自ら思い込んでいるだけではないでしょうか??





YESと答えたあなた、


それは、周りの家庭や周りの声やテレビや物語を聞いて、または親に押し付けられた、長年の洗脳ではないでしょうか??



親は、やっぱり大事にしてやらなければならない・・・という洗脳。





私が、初めてスピリチュアルの世界や、スピリチュアルスクール、ミステリースクールに入ったとき、


そこにいる人間たちは、みな親から大切な愛を与えられていなく、そこから社会に対してや仕事に対して不満を持つ人間たちの集まりだったり、親のせいで自分の人生がなくなったものたちばかりが集まった、スピリチュアル逃避主義の人間ばかりでした。

私もその一員になっていました。


私は、そんな途方にくれた集合意識から、抜け出すことを決意し、その現実世界から変えて、私はそんな精神世界を卒業していきました。


あなたは、そんな世界にいて、あなたは本当に自分の人生が変わっているでしょうか。




精神世界や神様を感じて、癒しに浸かる人間も、

可愛いからちやほやされている人気者な人間も、

食べ物やセックスで人生の癒しを得ていると思い込んでいる人間も、

良い親、素晴らしい親、正しい親、裕福な家庭、恵まれた家族と言われているから、良い親、素晴らしい親、正しい親と思い込むも人間も、

良い会社に就職できて満足している人間も、

会社経営でしか満足していない人間も、



そういう一点しか見えていない時点で、

本当に生まれてきて良かったという幸せを感じたことがありますか?



もしかしたら、全て無意識な親の巧妙な洗脳だということに、気づかなかったりする。


それは、遺産問題や介護へと、最終的に発展していくのです。




自立した私たちが、親の言うことを聞いたら、自分の人生に、関係ない親の人生が簡単に介入してきます。



それは、あなたの人生がうまくいかない原因の70%を占めることになるでしょう。(あとの30%はご先祖様にあたる)




私のソウルエンライトメントは、

そこらの自己啓発(ちょっと成功したからのカリスマ気取りの利益のためのセミナー商売)

そこらのスピリチュアル(癒しエナジーやワークで浸るための一時的なワーク)

ではありません。




むしろ、それらのワークショップにはまってしまったら、変わらぬ宗教やファンクラブのように抜け出せなくなっいくだけです。




私のソウルエンライトメントは、

そういうしがみついているあなたの現実やスピリチュアルの世界、その最もな根本的である

親から本格的な自立していく真実のエンライトメントワークです。





親を大切にしなさい!!!親が大変な思いをしてあなたを産んだんだよ!!!




そのような発言をされたら、あなたは自分で自分に聞いてみてください。


あなたの人生は、今、『生まれてきて良かった』って思うくらいに、今、幸せですか?




もし、NOならば、

その人や本人たちにはっきり意見を言いましょう。




親に感謝するほど恩返しするほど、今は自分は幸せではない。あなたは幸せかもしれませんけど。





子供は、親自身のためのなんらかの保険ではないという、むなしい真実に気づかせてあげましょう。



そして、親たちに言ってあげてください。

お父さん、お母さん・・・どうしてあなたたちは、自分で自分の人生や管理ができないくらい子供に助けを求めるの?どうしていつも寂しいって言うの?・・・愛が感じられなくて、凄く迷惑なんだけれど。

どうして、あなたたちは自立できてないの?なぜ私に頼るの?



そう、彼らに問いかけてみてください。






それは、あなたが幸せでない限り。

私たちは、親や親族、周りの人間や友達、婚約者に、なんと説得されようと、噂になろうと、自分の人生が幸せになるまで、まっすぐに進みましょう。






親不孝者が。




いいんじゃないですか?親不孝者で。自分の人生において分からないものは分からないのだから。幸せを感じない限り。





罪悪感を感じるよ・・・。

そのくらい親の奴隷になって、洗脳されてきた生き方が、生き甲斐になってしまっている証です。




それで、あなたの魂レベルから幸せだと感じる人生は、どこなのですか?







ソウルエンライトメント、始めよう。


シッダールタの意識世界を極めた、マザーアースへ導く、魂の悟りワーク。


それは、真実の愛が覚醒していく、真の自分に目覚め、その育て方を学ぶ

秘密のスペシャルワークです。




あなたの人生が、そんな今の社会、今の生き方、今のありきたりの小さな幸せで終わるのが、



否だなって感じているならば。




これが、魂の叡智の始まりです。




私が出会った隠れ富豪が悟らせてくれたソウルエンライトメントとは・・。
覚醒ワーク・ソウルエンライトメントとは?





愛と感謝を込めて


良い光を。



意識レベル一つで、簡単に幸せな人生に変えられます!

それまでのスピリチュアルから卒業して、思うままに現実世界をコントロールできる高度な意識レベル!!

振動数(意識レベル)とはなにか?

ここにその真実のサポートを提供しています!
line

(2015年)また引っ越しました!!!! 10月から11月のアーラの大失敗談!! 第一章♥

スピリチュアルセラピストのアーラです。


丁度、一年前位くらいののほほん記録になります。

今、思い振り返ると、周りに言われていたとおり、本当に性格が悪くて、意思のないめんどくさい人間だったんだなということがわかります。





読者の皆さん!

お久しぶりです!!!


相変わらずのテンション絶大のエンライトメントワーカーのアーラに戻ってきました!







もう12月なんですね(´;ω;`)








10月に引越しをしました・・・

前までから、11月に引っ越すようにって天界からメッセージとエナジーが来てたのですが、

10月に更新月で、どうしても免れなかったです。


そして、10月下旬に引越しを始めたのですが、


もう最悪です!


まず、引越しを手伝ってくれる信頼していたお友達(過去のお客さん)に頼んでいたのですが、


こいつがわけのわからないちゃらんぽらんを一気に爆発してきて、予定をめちゃくちゃにしてくれました。


28日にしっかり予定を組んでいたのに、

下旬の日曜日に一度引越しになり、(当日、超無愛想で、汚くてダークなオーラ)

その場で28日はドタキャン・・・。


さらに、話は通じない、相変わらずの見栄を張っている話やカッコつけた話ばかりで、



コンプレックスと精神ががた落ちなっているのが見えていて、



本当にワゴンの中での空気も、波動も地獄でした。




その人は、私は頼りがいのある男(お鍋の方なのですが)だと信じていたのに、

もう男でも女でもなく、もはや人間じゃないレベルでした。



後々、私がそこで、物凄くムカついたのが、

そいつは、どうやら親か兄弟にでも、何か嫌なことでも言われたのようで、

そのようなきっかけに、重度のコンプレックス精神と何かの人間不信のようなふてくされ精神が発動し、

私たちの予定や計画、ビジネス、愛、エナジー、全てを

そいつの幼稚な、”おっぱいが吸いたいから、かまってかまってかまって”というインナーチャイルド・スモール・エゴイストで壊されてしまいました。


それが真実なのかわかりませんが、

とにかく、信頼も破壊してくれて、

エナジーも愛も失った、かっこつけた話(感謝の話や上目線な不動産選び、さらには車の運転を恐れずに運転したら?っとデタラメに威張ってくるアドバイス)など

本当に全てがずれていて、苦痛の波動と苦痛のエナジーしか感じいないでいっぱいでした。

それこそ、私が出会いたくない、まさしく地獄の、あの赤色のダークな光が見えていました。


でも今回は、涙は出ませんでした(もう慣れたし、そいつの場合はこれが二度目だから)




これは、どういう意味で私はムカついたかというと

小さい頃から、親から我慢してきた子供は、そのコンプレックスやストレスが重度であればあるほど、社会や人間関係に対しても



認めてもらいたい認めてもらいたい認めてもらいたい愛されたい愛されたい



という意識で、強くコンプレックスを持って生きていることになり、



人はその現実や人に認めてもらえないと、ふてくされや恨みといった形で情緒不安定な精神で、予定や現実を破壊してきます。(人に迷惑をかけることでしか、その真実のシグナルを発せられない。※重度の場合は、犯罪者が多いです。)



さらに、今回の場合はたちの悪いことにコミニュケーションが欠如していて、はっきりと自分の心を伝えることができず、回りくどいようにドタキャンしたり、(信頼関係を壊したり、人をあえて傷つけたりして、)かっこつけたりして自分を紛らわせて、本当は構ってほしいかまって欲しいっと、波動や空気、オーラ、迷惑、イベントで、私に愛やエナジーや救いを求めてくる気持ち悪いタイプです。




こうして、他人への構って精神が、他人に大きな迷惑をかけていくことで、自己の愛を満たしている状況が、心理のどこかで起きているのです。





彼女の場合は、魂レベルからのコミュニケーションが欠如していて、

”ごめんなさい”

”ありがとう”

”愛してます”


という本当に超強力な大切な言葉も失って、最後の最後まで無言で去って行きました。

私たちは、意味もわからなく、最後まで、ありがとう、ごめんなさい、をいって、必死に気をつかって会社にいるような最悪な気分でした。

”せめて、ご飯をおごろうか?”といっても、最近はあまり食べれないとかかっこつけた日常をを張っているのか、ストレスで食べれないのか、さらっと流して断ってきたり、

とにかくハートのコミュニケーションがゼロという、私たちの生きている世界にとっては、ありえない最悪な環境(存在)でした。



会話で覚えているのは、懸命に見栄を張ったカッコつけた話・・。

でも、そのどんなかっこいい話をしていても、私たちスピリチュアルセラピストは、その放出されるエナジーで、本質的に振動数が高いものかどうかがわかってきます。

だから、いい話を誰かがしていても、その人の本質が見えることになり、

私たちにとって、汚れたものを放出していると、それを受け取ってしまい具合が悪くなったり、気分が悪くなったりするのです。




引越しで運べたのは、車でしか運べない洗濯機やテレビなどで、それは僅かなものだったのですが、

それは、急遽なドタキャンにより、部屋や荷物、順序はめちゃくちゃな状況でした。


後々、電車で信頼できるヒーラーさんたちと一緒に、炊飯器やふとんなどを手持ちで、往復して運んで、汗だくになりながら、

毎晩終電にかけて大変でした・・。


本当に、地獄を作ってくれました・・・・


最悪でした。。



そいつには、二万円をお支払いする予定でしたが、

一切、支払う気になりませんでした・・・・。

彼女がやったことは、愛を見失って、自分の勝手な都合で、引越しをめちゃくちゃにしたようなものです。



いつもいつも言い訳ばかりでメッセージして、自分をかっこつけて、本当の自分を隠して、心からのごめんなさいとか、ありがとうもない

なんで、こんなやつを受け入れてしまったのか・・・。

宮古島や石垣島一緒に行きたかったとか、

家族が私たちに感謝しているから今度沖縄に来てとか、

あれ以来、ブログをいつも見てるよとか、

アーラみたいな口の仕事がしたいとか

世田谷に引っ越すとか(言いながら現実化されず、下町ばかり)

いつもいつも簡単に言うけれど、本当に現実化されないデタラメなエナジーだというが見えてしまいます。

そして、今回は、予め信頼していて予定を組んでいたことまでデタラメにめちゃくちゃにしてくれました。


これってね・・・

男らしさとか、女だとか以前に、人間関係の愛のつながりとして、もう人間としての信頼性がいろいろ崩壊している証でもあると私は感じてしまいました。




ちなみに、今度は、ボーカルデビューするそうですよ。

カッコつけたことばかり言って、あの時はこうだった、この時はこうだった、

っといつもいつも

ごめんなさい、ありがとうもなく、言い訳で逃げ続けている人生でしかない・・。


本当にもう、三度目はないので、ご縁はないですね。

さすがに、今後どんな言い訳なメッセージきても、無視レベルリストです。

むしろ、もう縁がないです。


触ったら、悪いことばかりや振り回されることばかりが起きる予感がいつもどこかで、薄々感じていたのだから。

私たちの現実は、エナジーがとても強い世界を選んでいるから、そこの構ってやろうのエナジーに意識をする余裕はないのだと・・・断念するしかありません。



残りの引越しを手伝ってもらいながら、ヒーラーさんやサードステップの方々に、そんな途方にもくれた思いでしょぼくれて、私は相談してましたが、

そいつは男になりたくて男になったんじゃないように見える、ただ認められたいだけなんだね。一生それで終わりそうっと言っていました。

私が、簡単に地獄界の魂という意味はこういうことを示しています。



周りにも迷惑をかけていることにも気づかないレベルで、とにかく、自分の精神不安定で現実世界を気づかない地獄の苦しみを振舞っていく・・・。



信頼していたのに・・・・



お友達だと思っていたのに・・・・





悲しいです・・・。




悲しい・・・・



でも、今回は涙が出ませんでした(これが二度目でしたし、3年前にこういうことで悩まされた覚えがありましたので。)



あの人の家族は、「お前が一番性格が悪いしね」っと決め付けられていたことや、仕事の社長にかなり束縛されている話を思い出します。そのくらい人を傷つけたり、バカにしたりして、最低な人間なんだということを。



もっと、早くこの人の周りの声、その本性(魂の質)に気付くべきでした。




許せばいいよ、手放せいいよっと簡単にどっかのスピリチュアルでみにつけた偉そうにアドバイスして、支配して、人を影で小バカにしてくるのが見え見えなのです


たばこを禁煙してるとか言いながらも、ぶかぶかすって酒ばっかのんで、ぶらぶらしてる人間に、私はまともな声が耳に入らなかったのが事実です。


その人は、結構、私のセッションやワークで、悪魔的に小バカにする台詞が出てきます。

なんでだろうっと最初は、流していましたが、やっぱり、家族や過去の人間たちにしてきたとおりの性格が最低な女のようです。

嫌われても仕方がないのでしょう。





私はもう、過去の縁に対して、無理に愛で繋がろうとせず、自己の魂のままに正直に生きるよ。


それがセカンドステップのじゃないのかい by お弟子セラピストさん

そうっすね~!! by アーラ

※というか、師匠とかお弟子とか、上下関係ないから!!

ぼ、ぼくは見栄なんか、は、はってないよ!!




どんなに愛がありそうな人間でも、どんな素晴らしい人間でも、

必ずそれは、何かのエナジー(古代(過去世)の財産)で纏われていて、

私は、その真実の質が見えてしまい、

それでも、それを無視して、


同じ人間だから!っと私の宇宙を許してしまう時あります。


私にも愛の喜びを感じているからです。







ちょっとまって!!!!!!!!








残念ながら

このブログで、そいつが全て悪いような言い方をして終わってはならない・・・・



なぜならこの現実を選択したのは私・・・・



という言い方をする以前に・・・


これは、私のまだましな鏡に過ぎないということ






引越しする前・・・私が送ってきた大失敗談は、


これよりもたちの悪い本当のやばい地獄があるのよ・・・・。




今言えることは、この間違った選択一つで、私の人生は迷いの世界へ逆戻りするということ。。




第二章に続くわよ!



10月から11月のアーラの大失敗談!! 第二章♥ ~呪われた家族の地獄!~


愛と、愛と、お疲れ様を込めて
line

葬儀② ~遺族がボケる意識レベル・・・認知症の始まり~

スピリチュアルセラピストのアーラです。




母の父のお葬式に行ってきました。

葬儀① ~清められたご遺体と天界へ~




祖父が亡くなる間際、



元々、ボケが激しかった祖母は、もっとボケというより認知症レベルに激化していきました。


その時、祖母は、

自治会のなんとか会に行かなければならないとか、

訳のわからないことで帰ったりして、


本当に周りを騒がせていたそうですよ。


お通夜の前、ご遺体が棺桶に入る際に、

最も重要とされる喪主である祖母が、いつになっても来ない・・・。


銀行にお金をおろしに行くといったきり、帰ってこない。



結局、祖母抜きで儀式は始まってしまい、そのまま祖母は訪れることはありませんでした。




祖母は、認知症ではないかと心配されて、まず病院に連れいていこうとしても、


祖母は、大声で激昂し、テレビにしがみつきながら

「私は正常です!異常じゃありません!!」

っと大声で泣き叫ぶのです。



孫である私の顔を見たときに、人格が変わったかのように冷静になり、

私が今まで見てきた笑顔のやさしいおばあさんへと戻ります。



祖母は、80歳を超えてまで、車の運転もベテラン並み、

銀行にいくといった行動力、知識は、人以上に優れているのですが、

祖父が亡くなる前から、実の息子と娘を信用できなく、それは敵視というレベルでした。

親子ゲンカは、今でも激化しています。


にしては、葬式が終わったあとの親戚同士で飲み会に呼ばれるのが、

隣人たちも呼ばなければならないっと

子達に、激怒する祖母の姿は、さすがの私も呆れてしまいました。




しかし、メガネをかけているのに、置いてある母のメガネをかけ始めたりしては、メガネをかけていることに気づき、

それをすぐに三回も繰り返すボケは、さらに増しているように感じられました。



ボケや認知症が激しくなる原因の一つとしては、

他人をいかに意識しすぎているかということです。



他人や周りばかりを意識している人間は、自分を忘れがちであり、自分をどこかにおいてきやすい状況です。

祖父が亡くなった瞬間、

祖母がおかしくなったのは、きっと頭の中で、

葬儀や通夜、そこに呼ぶ人間、そこで感じられる人間関係などが、一気にごちゃごちゃと過ぎり、

なにがなんだかわからない状況に、頭が瞬時に真っ白になったりして、

そこから逃避したくて逃避したくて、まったく関係のない事柄に意識が移行してしまう傾向が見られます。



ボケや認知症の方々には、会話するときは極力、触れて落ち着いて対話するようにしましょう。

魂レベルからグラウディングが出てきていないようなもので、

できるだけ現実を把握させるために、対話する際や付き添いになる際は、心や体に触れて行動する必要があります。

私は、そうして、祖母を落ち着かせてきました。




今日はこのへんで!



愛と感謝を込めて




意識レベル一つで、嘘のような幸せ人生に変えられます!

それまでのスピリチュアルから卒業して、思うままに現実世界をコントロールできる高度な意識レベル!!

振動数(意識レベル)とはなにか?

ここにその真実のサポートを提供しています!
line

葬儀① ~清められたご遺体と天界へ~

スピリチュアルセラピストのアーラです。






この一週間、母型の実家のお葬式に行ってきました。


受付を任せられてしまいました。


さらに、孫として、弔事を任されました。


母の父(祖父)のお葬式です。

学生時代にお世話になったものですが、


悲しみや涙する余裕もなく、

とりあえず、もう亡くなるってみんなわかっていましたし、

とにかくバタバタでした・・・。



とにかく、緊張しました!


お通夜の前に、

映画「おくりびと」のように

ご遺体が棺桶に入るのですが、


その際、足を洗ってあげたり、シャンプーしてあげたりするのですが、

私は足を洗ってあげました。


遺体は冷たいから当然、

しかし、とにかくとにかく清められているせいか、

触った瞬間に光でバチバチバチ!

すごく眩しくて花火を見ているようで、

手がびりびり痛くなってくるのです。




遺体ってすごいな!!


何より、初めて祖父のご遺体の姿を見た時のあの迫力が、光が詰まっているようで、

迫力と緊迫感を感じさせる重みでした。




何よりも、私が感動したのが、



和尚さんお経を唱えている通夜

お経を唱えれば唱えるほど、


空から天界の光が切り惹かれていって、

ものすごい綺麗な光の空が、見えて、光をさすのです。


そして、そこから二体の小さい羽をもった天使たちが降りてきました。

それがあまりにも感動しましたね。


~ここで、死後の世界に関して~

死後の世界に、仏教も宗派も関係ないことを意識して頂ければ幸いです。

もし、宗教が絶対的な世界になっていれば、その教えが絶対の通り、地獄に落ちるとか、条件が満たしてれば天国に行けるとかのジャッジされた非常に苦しい世界になるでしょう。


死後の世界、スピリチュアルワールドは、広大すぎる自由な世界です。



祖父はお経で、白い羽をいただき、

それでも、天に向かおうとせず、状況を把握しきれていませんでした。



「なんで自分はこんなところにいるのだろうか?」

天へ行くことに強張っていました。


一方でぞろぞろくる親戚や身内をみて、嬉しすぎて、とにかく涙で笑ってましたね。



これから、49日かけて、ゆっくり天を意識して、天へ帰れるように意識され、

導かれていくのでしょうね・・・。







あっちの世界は、我々生きている人間以上に、


超高度な世界だぞ・・・。




なにせ、如来様の世界からみたら、我々なぞ一次元に潰された苦しすぎる世界だからな~




そこで生きている我々が死してしまったら、今までに経験してきたことのないくらいの尋常じゃない抵抗を抱きます。





その広大さは、

この世界に存在しない、見えない大きい世界だから。




頑張って上がれよ!



そっちの世界は、本当に怖すぎて、面白いから!



だから、上部に上がってしまった死者なぞ、


お盆に帰ってきたくないのじゃ~~~~~!!!!!





私も、久々に、意識レベルを超越させる扉を切り開らいてみようかな。

すごいことを起こしたくなってきた!!


お葬式って・・・素晴らしい!!!!!

感動した!!!


私のお葬式の時は、もっともっと盛り上がっていこう!!!

天界だけじゃ、飽き足らず、大天国をがんがん降ろしていく葬式にしよう!!




意識レベル一つで、超越した幸せと今の自分の真実を悟りましょう。

それまでのスピリチュアルから卒業して、思うままに現実世界をコントロールできる高度な意識レベル!!



振動数(意識レベル)とはなにか?



ここにその真実のサポートがあります!





愛と感謝を込めて
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

スピリチュアルな旅人

Author:スピリチュアルな旅人
現実は魂の学びのため、幸せのため必要としているのだと思います。

だから、無駄な人生だとか無駄な時間だとか、そういう考え方ってなかったりする事に気づくことで、世界は自分で変えられることが分かってきます。

全ては自分が創り出していくことを覚えておくと、この先、楽だったりもします。


人生如何に楽しめるか・・・いかに幸せになれるか・・・それが大切です。

そんな暇人が口説くスピリチュアルなブログです☆

line
最新記事
line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line