ソースファイルの軽量化

誰がこの国を癒せるの?

新しい世界に移行するために、大切な意識ってなんだろうか、

宇宙の悟り、宇宙の意識、心の悟り、

そんな広大な世界へと気づきを得ていく続き物、



『宇宙の悟り』





私が理解した、私が感じた、



この国をお伝えするよ。








”この国を変える”




ではなく、



”この国を如何に癒せるか”


だ。






二院制の組織でありながら、もはや参議院は土台となる必要悪と固定づけ、



未だにふる~~くて、要らな~いシステムやなんの価値もない財産を、


ずるずるずるずると引きずって、


御陰様で国民は、どんどんどんどん疲れていく。







今や、

国会とは、戦場で兵士に悪をぶつけ、懸命に目立つために戦う所なだけ。





それはもはや、見る者を幼稚と化している・・・・。




国民は、疲れてきて、


もはや、怒る心も忘れ、


テレビで見る国会は、バラエティー番組と化している。





笑って、流すしかない。






〇今の若きニッポン人よ、


誰に票を入れるの?







誰も知らねーーーーーよ!!!!





いつもの昭和を生きてきた人たちがやればいい。




国会は、そいつらの年代に合ってるよ。





『じゃあ、いつものお世話になっている民主党に。』






大体、政治とかよく解らねーし、



固いし、重いし、難しいし、



俺らには、合わない。



頭が痛くなるし、今が良ければいい。




それにこの国の根元は、どうせ資本主義なんでしょ。



政治家は皆金持ちの繋がりばかり。



金持ちや世間にちやほやされた連中しか、土台は上がれないんだよ。


意見も、苦悩も、俺っていう国民の存在の声も、届かない。




それに、今の国会は見世物に過ぎない。




どんなに良いこと言っても、結局は票の数だ。


次に、結局は政治生命。



なんでもいいけど、勉強して早く良い大学に入って、親を落ち着かせたい。







やった!大学に受かった。

やった!就職できた!


これで、一安心だ!


親が落ち着いた!











・・・・それで・・・自分はなぜこの国を勉強してきたのだろうか・・・・。



なんか、疲れたなー。


政治を見てると、頭が痛くなるし、世間とやらもそうなんだろうな・・・。





え・・・・・今度は、この社会で頑張らなきゃいけないの?




あそびたいのに・・・・もっともっと遊びたいのに・・・・


ずっと学生でいたいなー・・・・。



もっともっといろんな愛を楽しみたいのに。


もっともっといろんな愛を知りたいのに。



こんな頭が痛くて、固くて、息苦しくて、嫌になる要石の下で、それに影響された社会で生きていかなければならないの?



お母さん、お父さん、

ごめんなさい。






本当は、ついて行けないです・・・・・。

ついていけてないです。



お金ください。

お小遣いください。




私、愛が欲しいの。




愛を得るために、なぜこんなに辛い思いをしなければならないのだろうか・・・。







この若い日本人を見て、

あーびたーは思った。



一体、誰が国会をこんなに難しく、固く、好かれないように教えたのだろうか?




国会って、皆で話し合い、決める大切で慎重な場所でしょ?


なぜ、愛がないのだろうか?


なぜ、ここまで緊張しなければならないのだろうか?








〇日本人よ、

国会をどう思っているの?





誰かがやればいいんじゃない。


それが最低の本心かも・・・・。


私は、人見知りだからさ・・・


これからの動きを見れればいいや。


国会での良いネタ、スキャンダルは、暇つぶしの娯楽程度かもね。


今が食べていければいいよ。


強いて言えば、民主党くらいかな。








あーびたーは思った。


今の日本人が、真面目になるためには、プレッシャーやストレスを抱えるくらいでないと、動かないってことなら、スウェーデンみたいに組織を一院制にしてしまえばいいものを。


しかし、それもできないってことは、


結局、慢心とストレスが必要な国だっていう証に感じた。


疲れまくって、愛が消え始めている国ということ。



そして、本当は、皆、無意識に人見知りしている国民が一番多いのではないだろうか。



さらに、今の国民は、いろんな試練に追われてしまい、


もう好きにすれば?っていう、麻痺して冷めてしまっているのではないだろうか。









〇議員、官僚

君たちは何をしているの?



国家公務員の資格を持っていて、毎日毎日国のために頑張っている!

でも、私たちのなかで『官僚』だなんて言葉は使いたくないなー。


だって、『官僚』って悪そうな言葉だから。

それに、普通に電車で勤務しているし、500円以下の昼食で過ごさなきゃ、生活費が持たないもん。


だけど・・・・もう少し給料を上げて欲しいな・・・。


毎日毎日徹夜で働いていて、体がぼろぼろなときになる時もある。



ああ~・・・霞ヶ関じゃなくて、地方の役所に行きたかったなー。

地方の役所は、毎日暇で暇でインターネットで遊べるし、資格の勉強やゲームだってできるみたいだし。


中には、

なんで私たちが悪者扱いされなきゃいけないんだろうな・・・・。








私は国会議員だ!!


いざ、国会で、ぶった切るぞ!



秘書、


議員、ちょっと待ってください。

この意見書はダメです。

もっとこういう発言や言葉を使ってください。

あと、この手続きと、あの手続きと、

これに関しての意見をするなら、あの機関に一言と大臣の根回し、

あと、これは良い言葉ですが、今は発言する時ではありません。




霞ヶ関文学とやらは、自分を殺してしまうんだなー・・・。



それでも、後ろを振り向いてはならない。



霞ヶ関文学が私を殺さなければ、もっと恐ろしい存在に殺されてしまうわけで。



まだ、私は救われているだけで。






いざ、国会へ!





なぜだろうか・・・。


とっても狭い檻にいるような気がして・・・・。


本当の意見を言おうとしても、


なぜか、自分が生きるためとネタで大きく目立つことしかできない、必死な自分がいる。



なぜだろうか、

国会は、そういう自分しか動けなかった。


あれ、本当の意見ってなんだっけ?



とりあえず、握手して、意見を作っていかないと。




気がつけば、国民がどう感じているか、自分で体感できなくなっている・・・・。

そもそも国民って?

聞く、見るでしか・・・・理解できなくなっている。



そんなことより、目的はこうだった!

そのためには、あの人に着いていかなければ。

目的が、心を失い、情報だけになっていく。





あーびたーは思った。


国会や政治は、お金(決まりごと)と黒い誇りで積み上がってきた、強い強い念の塊でできているのだと。

だから、どんなに発言しようとしても、本来のちからの10分の1くらいしか、その人の力は発揮できないんだと思った。


だから、テレビで見ていると、幼稚な行動に見えるようになってくるのだろうっと思った。



叩いたり、叩かれたりして、自分の株価を僅かだけ上がったり、とっても下がったりして・・・。


あの世界に入ってしまうと、全く自分の意志にジャミングがかけられ、いろんな力が限定されたりしていくのだろうっと感じた。


資本主義で積み上げてきた政治家たちが残した、どうでもいい財産やシステムばかりで、

その財産やシステムが、自由という大きくて広い国会や政治に、倉庫のように物置のようになっていて、


今の国会を息苦しくしているのではないだろうか・・・っと思った。



もはや、整理のつかない狭くなった倉庫は、見やすく解りやすいパターンばかりの議会が行われていく。


それを見る、国民は、飽きるを通り越して、もう疲れまくっている。


それでも、リーダーたちを応援する懸命な国民もいる。



財産、お金を溜め込む国民、お金を隠す国民、政治家

必死に景気を良くしようとする国。


変わらないシステム。無視されるシステム。



システムを無視して、未だにお金に執着する前の世代の人たち・・・。

お金に苦しむ世代の人たち・・・・・。

バブルに戻りたがる世代の人たち・・・・。





疲れる若者たち。

興味を持たない若者たち。


心を無視される若者たち。

孤立を求める若者たち

疎外される若者たち、

何のために我々は生まれてきたのだろうかっとイデオロギーに苦しむ若者たち。





人見知りから生まれてしまっているのだろうか・・・。




だから国会や政治は、もはや日本人たち(自分たち)の財布を懸念するためしかみえなくなってしまっているのだろうか。





不景気だから、愛なんていらない・・・・・

愛なんて見えないもん。

愛は人脈だけでいい。




そう教えてくる年配たち。


どうして?って問うこともできず、


ただただ、さまよい続ける若者たち。




自殺や死に望んだり、憧れたりする若者たち。



家族ごとを自滅しようと失敗する、年配たち。




年代の責任、悪者と決めつけられ、


孤立して、孤独死していく老人たち。




老人たちがお金をたくさん溜め込んでるから、不景気なんだ!


っと自分自身の責任から逃げ続ける詐欺師たち。



国民を捨てるために、必死に逃げ出す日本人たち。






それでも、


それでも、



前向きに、


幸せを信じて、


人を支えたりして、頑張る人たち。






一体、どうすればいいのだろうか・・・。








それは国の所為ではない。

それは日本の企業の所為ではない。

それは国民の所為ではない。





悪いといえば、

日本人全員に責任があるのだろう。



一体、

誰がこの国を癒せるのだろうか?



例え、デモ、革命を起こして、土台に上がれたとしても、


誰も、どうすればいいか解らない。







マルクスよ、


これが貴方が思うような理想社会と言いたいのか・・・。



物や情報は山のように溢れ、人々は幸せな生活だと感じていると見えるだろうか。


それでも、人々を平等に支配し続けることが、幸せを行く道だというべきか。








日本は、疲れている。


日本人は、疲れている。





でも、一つだけ、心の奥にあることがある。




日本を愛していること。





日本の食べ物は美味しい。

名物がたまらない。



日本の四季を見ながら、ゆっくりと休める、日本人にしかない和の心がある。




日本のお酒は美味しい。

日本はいろんな美味しいものがある。

それは海外からもたくさんやってくる。


地域によって、それは選り取りみどりの喜びがある。



たまに、日本の文化、景色や日本の芸、お笑いを見たくなる。


やっぱこれをみないとって、恋しくなる時がある



日本の物語は、日本人にしか理解できない、素晴らしい感動的なものもある。


日本は、次々と新しい物を生み出して、ブームを巻き起こしていく。


日本語も面白いし、


それは、次回はどんなものがやってくるかが楽しみになってくる。


やっぱり、日本人は面白い。








そう、



無意識に、この国を愛していること。








そうして、


幸せに気づかない限り、誰も目覚めることはできない。






私は、日本で生き続ける限り、


日本を癒していく責任がある。


日本を癒す責務がある。



なんて、少しでも役に立てばいいものの。


少しでも、私の周りの人間が幸せに気づけるよう、全うできればいいものの


と宣言してみる。







それが、私の小さな小さな革命。





この国を癒すための、一歩。





誰が、この国を癒せるのだろうか?


とりあえず、私が癒してみる。






この国を愛していることを忘れていないからこそ、できる心がある。



そうすることで、お金や景気に執着する日本人から、


愛と幸せに執着する日本人へと、目覚めることができる。




戦う必要もない。


頑張る必要もない。






また、みんなで、一緒に。


またみんなで、一緒に。




悟り、進む。




それが、私の国。




愛と感謝を込めて



モチベーションを上げ、コミュニケーションを豊かにし、自分の本当の幸せ、行くべき場所を見つける、
魂の真実を学ぶ、愛と癒しのスピリチュアル覚醒ワークを限定で行っています(*^_^*)

【限定募集】第一回・スペシャル覚醒プログラム・ソウルエンライトメントワーク



DNAを活性化し、未来のアセンションした幸せな自分へと導く、DNAアクティベーション
【募集】ダイアモンド・DNAアクティベーション(モニター5名様まで)
スポンサーサイト
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

スピリチュアルな旅人

Author:スピリチュアルな旅人
現実は魂の学びのため、幸せのため必要としているのだと思います。

だから、無駄な人生だとか無駄な時間だとか、そういう考え方ってなかったりする事に気づくことで、世界は自分で変えられることが分かってきます。

全ては自分が創り出していくことを覚えておくと、この先、楽だったりもします。


人生如何に楽しめるか・・・いかに幸せになれるか・・・それが大切です。

そんな暇人が口説くスピリチュアルなブログです☆

line
最新記事
line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line