ソースファイルの軽量化

心が弱くなる時(のほほんワールド)

ちょっと視点を変えると、実は違う世界が広がっていたりする、そんな日常生活での気づきをお届けする、のほほんワールドをお伝えしていきます。




心が弱くなる時





この時期になると、水の事故が多発します。


特に今年は爆発的に水の事故が多いのではないでしょうか。


10月までは警戒したほうがいいかもしれませんね。







中学生の自殺や中学生の死が世間中で話題になっているようです。


教育委員会がどうとか、先生がどうとか、ミカエルっちがどうとか、


責任や原因追求を、それぞれが熟視しているようですが、


子供から見れば、それは『大人たちの問題』ってやつで片付けられているように感じているかもしれません。


責任を追求し、原因を話し合う。

でも、そんな事をしても、子供たちっていうのは、この先が見えない事柄ではないかと思います。


自殺や事故死、さらに行方不明などが、どんどん増えてくるのではないかなって思ったりもします。(個人的な見解で失礼)



人間たちが、あーだこーだ騒いでいる間に

強大な見えない世界では、大自然の法則が起きていたります。



我々は常に大自然・・・・つまり宇宙とつながっております。


しかし、それは見えない世界でもあり、人間社会に生きる人たちは何も感じなかったりします。


でも、常に我々は大自然や宇宙と繋がっていて、常に更新し合い、エネルギーがアクセスし合っているようなものです。



学生時代(十代)っていうのは、人間の心が一番弱くなり、最も過酷な試練の時期なのではないでしょうか。


人間の人生においての、確立の抵抗反応みたいなものですね。

爬虫類で言う脱皮のようなものかな。



愛とは何かと、

常にどこかで孤独だったり、

常に疑問を持っている。


そのように愛が欠け、孤独を感じ、

そこにいろんな感情を生み出し、学んでいくときです。


それは非常に弱いエネルギーであり、とても弱い心なのではないかと思います。


特に、この人間社会で過ごしていると、ほとんどが頭に入ってくる情報で済まされ、

魂の学びよりも、頭の中で全てを抱えることになるのではないでしょうか。



これが過酷な十代の学びというものではないだろうか。





そんな弱い心の時に、

水に触れようとすると、

水は歓迎し、アクセスしてきます。



水は、常に純粋で、常に直接です。




心の弱いところが、無意識に隠れているだけでも、

人は水に飲み込まれていくでしょう。


自分の存在に疑問があり、

自分がどこかに消え、薄くなっていれば、


水はすぐに流していきます。



”私は一体どこにいるのだろうか?”

その弱い自分を

水が、水に潜むそれにあった存在とアクセスし、その存在に引き込まれていきます。


これが事故死へと繋がる流れです。






心が弱くなる時、


人は最も過酷な思いを記憶するでしょう。




この十代に、いじめの記憶があれば、

社会でのいじめをも繰り返す。


耐えることができれば、耐え抜くことができ、


自殺を中途半端に、考えていたならば、

社会では本気で自殺を考えてしまうのかもしれません。



中々難しく過酷な時期として、心が弱くなる一方であり、

そこで成長できなければ、心のどこかでずっと成長が止まった自分がいるのです。



『子供は、とても強いのです。』(ここでいう子供は小学5年生から大学生)

と私は感じておりました。


しかし、

それはただ感じただけ、

それはただそう見えただけ。


本当は、

子供は強いのではなく、子供は利口だということではないでしょうか。




大人はロボットのような生活を送ってしまい、

見えなくなってしまっていることろはたくさんあります。




子供が強いように見えるのは、もしかしたらその大人が、

それほど弱い大人なのかもしれないし、

見えているところが狭いのかもしれない。



子供は弱いから、

隠すし、嘘をつくし、大人に気を遣うのでしょう。











心が弱くなるとき、



それは、最も過酷な学びであること。



だからこそ、大人より子供が利口になってはならない。

子供より大人が利口になるということは、大人は常に、

子供を見て、知っておく必要があるということ。


それが、子供に近い存在であればあるほど、知り尽くしておかなければならない。




今の大人は、

子供に負けすぎている。



それはただ、子供のときの自分と比較している愚かさに過ぎないのだ。



人を管理する人の義務という束縛ではなく、


人を管理する人の義務という大切さに気づくこと、


大人の自由さに、自分を甘くしていては、大切な子供(他者)をも犠牲にしてしまうことがある・・・

という視点が生まれても過言ではないということ。





大人として、


導く心(リーダー)、

管理する心(マネージャ)


その大切さに気づくことが、家族の学びでもある。


その背景に、強大な愛の学びが動いているのだろう。








モチベーションを上げ、心と魂を豊かにし、自分の本当の幸せ、行くべき場所を見つける、
天界と神々から学ぶ、愛と癒しと悟りのスピリチュアル覚醒ワークを限定で行っています(*^_^*)

【限定募集】ソウルエンライトメントワーク


☆天界のサポートを頂くスピリチュアル交流会と茶話会のお知らせ☆
大自然のエナジーと魂の気付き、そして天界の導きに沿った、スピリチュアル交流会
ライトニング・エレメント マザーアース セレモニー(天界・交流会)

ライトニング・エレメント マザーアース セレモニー in 東京と京都で開催 ☆キャンペーン開始☆

ライトニング・エレメント マザーアース セレモニー in 北海道 ☆キャンペーン開始☆




DNAを活性化し、未来のアセンションした幸せな自分へと導く、ダイアモンドDNAアクティベーション
【募集】ダイアモンド・DNAアクティベーション(モニター5名様まで)


月に一度しか行わない古の超高度な愛のワーク
パーフェクト・ガイア・フィールズ [全精霊・浄化解放・昇進フルセッション]

愛と感謝を込めて
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

スピリチュアルな旅人

Author:スピリチュアルな旅人
現実は魂の学びのため、幸せのため必要としているのだと思います。

だから、無駄な人生だとか無駄な時間だとか、そういう考え方ってなかったりする事に気づくことで、世界は自分で変えられることが分かってきます。

全ては自分が創り出していくことを覚えておくと、この先、楽だったりもします。


人生如何に楽しめるか・・・いかに幸せになれるか・・・それが大切です。

そんな暇人が口説くスピリチュアルなブログです☆

line
最新記事
line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line