ソースファイルの軽量化

優しい母親の愛を求めるインナーチャイルドが経験した依存の罠

アーラです。

私のインナーチャイルドが起こした依存経験のお話でもあります。

私は、なんでも許してくれる母親の愛を求めていたせいか、

そんななんでも答えてくれるお客さんと過ちを行ってしまったことがあります。


最初は、普通のお客さんでしたが、

そのお客さんは、”いきなり私に恋をしてしまった”とか言ってきたのです。

最初は、お客さんとの関係だったので、何度も断っていたのですが、

私が断るたびに、

その女は刺激を浴びているかのように、私のことを諦められないとどんどん攻めて来るのです。

私は、自分の心に、ストレスやある人間関係で不満があった時、その弱みを突かれてしまい、

その女に答えてしまったかのように、過ちを犯してしまったのです。(一時の性的な関係を持ってしまった。)

それから、その女を断っても断っても、私にしつこくまとわりついてくるのです。

おまけに、断れば断るほど、今度は、「ふられるなら、今すぐ自殺する自殺する」っと脅して、暴走していくるのです!

本当に最悪でした。

当時付き合っていた女性が、ほかにいたのですが、その彼女が激怒して、呼び出してもう二度と近寄らないように話のたですが、

それでも、その女は、わけのわからない理由をほざいたりして、嘘泣きを始めたりして、私から離れようとしないことに、芝居を続けるのです。

最終的には、向こうからお別れのメッセージをして去っていったのですが、

正直、ここまで異常なのは、ストーカーの域に達していると感じました。

また、元々風俗をやっていたその女は、それなりの恋愛術もあったのかもしれません。

ハニートラップというべきか、男性に対しての引き具合で男性の弱みにつけ込んでいたのかもしれません

これは、私のちょっとしたストレスやうっぷんが溜まった限界で、どんな悪口にも、どんな私の態度の悪い行いでも、黙って許してくれる女を求めてしまった原因です。


つまり、なんでも許してくれる優しい母親を求める、無条件の愛を求めた私の弱み、共依存を求めてしまった私の弱み、

インナーチャイルドを突かれた、私の大きな過ちでした。

これも、私の弱みに気づく大きな学びです。

共依存や運命共同体を求めたインナーチャイルドが隠れていると、こういう執着の強い人間を引き寄せやすくなってきます。



愛と感謝を込めて
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

スピリチュアルな旅人

Author:スピリチュアルな旅人
現実は魂の学びのため、幸せのため必要としているのだと思います。

だから、無駄な人生だとか無駄な時間だとか、そういう考え方ってなかったりする事に気づくことで、世界は自分で変えられることが分かってきます。

全ては自分が創り出していくことを覚えておくと、この先、楽だったりもします。


人生如何に楽しめるか・・・いかに幸せになれるか・・・それが大切です。

そんな暇人が口説くスピリチュアルなブログです☆

line
最新記事
line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line