ソースファイルの軽量化

葬儀① ~清められたご遺体と天界へ~

スピリチュアルセラピストのアーラです。






この一週間、母型の実家のお葬式に行ってきました。


受付を任せられてしまいました。


さらに、孫として、弔事を任されました。


母の父(祖父)のお葬式です。

学生時代にお世話になったものですが、


悲しみや涙する余裕もなく、

とりあえず、もう亡くなるってみんなわかっていましたし、

とにかくバタバタでした・・・。



とにかく、緊張しました!


お通夜の前に、

映画「おくりびと」のように

ご遺体が棺桶に入るのですが、


その際、足を洗ってあげたり、シャンプーしてあげたりするのですが、

私は足を洗ってあげました。


遺体は冷たいから当然、

しかし、とにかくとにかく清められているせいか、

触った瞬間に光でバチバチバチ!

すごく眩しくて花火を見ているようで、

手がびりびり痛くなってくるのです。




遺体ってすごいな!!


何より、初めて祖父のご遺体の姿を見た時のあの迫力が、光が詰まっているようで、

迫力と緊迫感を感じさせる重みでした。




何よりも、私が感動したのが、



和尚さんお経を唱えている通夜

お経を唱えれば唱えるほど、


空から天界の光が切り惹かれていって、

ものすごい綺麗な光の空が、見えて、光をさすのです。


そして、そこから二体の小さい羽をもった天使たちが降りてきました。

それがあまりにも感動しましたね。


~ここで、死後の世界に関して~

死後の世界に、仏教も宗派も関係ないことを意識して頂ければ幸いです。

もし、宗教が絶対的な世界になっていれば、その教えが絶対の通り、地獄に落ちるとか、条件が満たしてれば天国に行けるとかのジャッジされた非常に苦しい世界になるでしょう。


死後の世界、スピリチュアルワールドは、広大すぎる自由な世界です。



祖父はお経で、白い羽をいただき、

それでも、天に向かおうとせず、状況を把握しきれていませんでした。



「なんで自分はこんなところにいるのだろうか?」

天へ行くことに強張っていました。


一方でぞろぞろくる親戚や身内をみて、嬉しすぎて、とにかく涙で笑ってましたね。



これから、49日かけて、ゆっくり天を意識して、天へ帰れるように意識され、

導かれていくのでしょうね・・・。







あっちの世界は、我々生きている人間以上に、


超高度な世界だぞ・・・。




なにせ、如来様の世界からみたら、我々なぞ一次元に潰された苦しすぎる世界だからな~




そこで生きている我々が死してしまったら、今までに経験してきたことのないくらいの尋常じゃない抵抗を抱きます。





その広大さは、

この世界に存在しない、見えない大きい世界だから。




頑張って上がれよ!



そっちの世界は、本当に怖すぎて、面白いから!



だから、上部に上がってしまった死者なぞ、


お盆に帰ってきたくないのじゃ~~~~~!!!!!





私も、久々に、意識レベルを超越させる扉を切り開らいてみようかな。

すごいことを起こしたくなってきた!!


お葬式って・・・素晴らしい!!!!!

感動した!!!


私のお葬式の時は、もっともっと盛り上がっていこう!!!

天界だけじゃ、飽き足らず、大天国をがんがん降ろしていく葬式にしよう!!




意識レベル一つで、超越した幸せと今の自分の真実を悟りましょう。

それまでのスピリチュアルから卒業して、思うままに現実世界をコントロールできる高度な意識レベル!!



振動数(意識レベル)とはなにか?



ここにその真実のサポートがあります!





愛と感謝を込めて
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

スピリチュアルな旅人

Author:スピリチュアルな旅人
現実は魂の学びのため、幸せのため必要としているのだと思います。

だから、無駄な人生だとか無駄な時間だとか、そういう考え方ってなかったりする事に気づくことで、世界は自分で変えられることが分かってきます。

全ては自分が創り出していくことを覚えておくと、この先、楽だったりもします。


人生如何に楽しめるか・・・いかに幸せになれるか・・・それが大切です。

そんな暇人が口説くスピリチュアルなブログです☆

line
最新記事
line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line