ソースファイルの軽量化

悟りの心(のほほんワールド)

ちょっと視点を変えると、実は違う世界が広がっていたりする、そんな日常生活での気づきをお届けする、のほほんワールドをお伝えしていきます。


悟りの心









何のために働いているのでしょうか?


何のために仕事をしているのでしょうか?


何のために自分は生きているのでしょうか?







今回は、毎回精神世界のブログランキング1位の人のブログを見て、


そこで感じた事をふまえて書こうと思います。







今までの時代は、


亭主が働いて、妻は家事。


そんな形式から癖までがあったと思う。




そういう昔ながらの形式などがあったからこそ、


自分は何のために生きているのか、

自分はなぜこんな会社に努めなければいけないのか。


そんな憂鬱な疑問は出てこなかったのではないだろうか。




上司、先輩に歓迎され、


上司や先輩に着くことで、



仕事をする意味や自分の生き甲斐、自分の人生へのヒントが見つかるのだろう。


そう信じて進んでいたのだと思う。


だから、それ以上に何も深く考える必要はなかったのだろう。


今までのスピリチュアルの世界は、

そこまで深く考えなければいけない傷や過去を持つ者たちが平均的に集まるところではなかっただろうかと・・・・

私はそう思う。





でも、今の時代は、そんな形式に答えられないいろんな人たちがどんどん増え続け、

そろそろピークに達し始めている時期に近いのではないだろうか。



だから、昔ながらの形式から『癖』を受け継がれ、それに対してなんの不満もなく生きてきた人間
にとっては、

『なぜ、そんなお坊さんの道を行くような疑問が出てくんの?』

って思うんだろうなぁぁ




逆に今の会社は、もっと機械的になっていると私は思う。


会社は

『利益のために、貴方はうちの会社のどの部分に役立つか?』

という所しか焦点を当ててない・・・・。


それが妥当であり、当たり前になってしまったのは事実で残念である。

昔ながらの家族主義のような会社は、ある一部の大手の会社や昔ながらの会社でしかないのではないだろうか。

私はそう感じた。


何が言いたいかというと、

家族主義のような会社の方が、少なくとも愛があることは確かであるということ。


しかし、機械的な会社は、心がない分、冷酷でそこにいじめもあったりする場合があるのではないだろうか・・・・。

調査したわけではないが、私は経験上にそう思った。



仕事をする上で、何が大切で、なんのために仕事をするのだろうか?



もしお金や利益のために働くなら、どんなに虐められても、どんな辛いことがあっても、

決して辞めることはないだろう。

転職なんて求めないだろう。

お給料が高い会社にスカウトされない限り。


実際に私はそういう風に働いてきた人達を見たことがある。

当時はとても尊敬できる先輩でもあった。


だって、会社と私事を一切割り切り、

会社では仕事意外の事は一切口にしなく、ずっと機械のように仕事をし続ける人間だったから。

最初は、上司からの飲み会のお誘いをお断り、変人扱いされてかなり虐められたそうだが、

もう今では無視され、仕事だけをしている。


精神世界に溺れてた当時の私は、そんな先輩の事が大天使に見えてならなかったのは事実だ(笑)



それはとても素晴らしい人生ではあると思う。


そんな人間ほど、長い月日が経ってから、それなりの大きな人生の悟りがやってくるであろう。



一方、今のいろんな人たちは、会社に入ったとしても、

辛くて何か嫌なことがあるとすぐにやめてしまう。

また、コミュニケーションを避けるかのように無口だったり、

自分が認められないと不良社員になってしまったり、

名前を呼ばれたりするだけで、あがり症になってしまったり、

なぜか気力がなく、心が冷めてしまっている社員が多かったりするのではないだろうか。





今の時代は、個人を尊重し、個人を大切にする時代に移行しているのかもしれない。



精神世界のある一部の団体は、インディゴとか何々星の宇宙人だとか呼びかけ合いで自分の存在を確立して、安心している人々は多いが、


今の先端のスピリチュアル時代では、もうそんな誰かが作った誰でも当てはまる役者でさえ、エネルギーレベルが収まりきれないところまで来ているのは事実である。


私は、それを人口スピリットスポットと名付けてみた。


『貴方の魂は、私の世界にあるこの役者(族)である』

と、他者の魂に名付ける。

その魂は、自分が何者か解らないから、名付けられたことに喜びを上げる。

だからこそ、何かに頑張る力を得る。

そうやって喜びで成長するならば、素晴らしいことではあるが、

どうしても誰かのエネルギーコントロールされやすく、マイナスなエネルギーにフォーカスされるのは事実である。


”貴方はインディゴなのよ”

”インディゴは傷つきやすい”

”貴方はどんなに頑張っても孤独”


っと。



そうなってしまうのは、真の強さを教えていないからである。





















人間として、



日本人として、



悟りの心を思い出してほしいです。



















例え、


宇宙人やらインディゴチルドレンとやら決めつけられようが、自分がそうなろうが、


例え、


その会社で歯車の一部だと決めつけられようが、

会社で使えない会社員だと決めつけられようが、




その前に、自分はまず人間であることを忘れてはならない。





それは、



いつどこでも


会社を辞めることもできれば、


社長になることもできるし、






インディゴチルドレンを捨てて


ライトワーカーとして、光の責任を持った


誰にどう言われようと折れない強い存在、愛と光を広げ続ける存在になれる事だって、



できる。











それらの階段を上がるための行動は、




ほとんどが、『悟りの心』なのです。






あ、自分、こんなところにいる暇ないや!







インディゴって過ごしてるけど、なんだか窮屈だ。

バカバカしい。

もっと新しい自分になりたい。

もっと本当の自分を知りたい。











今までの

お坊さんとか修行する者たちの『悟り』というのは、


罪の意識に対しての、『悟り』だと思う。


そこから、愛、そして自分の真実に辿り着く。




しかし、俗世での『悟り』というのは、


愛と自由の『悟り』ではないだろうか。


『創造する自由』

『選択する自由』


そこから、幸せと自分の真実に辿り着く。








まぁ、




神様から見れば、別にどのような通りでもなんでもいいんだけどね。






だって、神様って、物凄く大きい存在なのは確かである。



人間なんて、昆虫類の中のアリのようなものだもの。



ちょっと、地球を動かしたくらいで、地球が耐えられなければ、地球が滅んだり、アセンションしたりするんじゃなかなぁ~


そのたびに、私たちから見れば、たくさんの生物たちが物理世界から命を落とすのだろう。


地球っていう物理世界が窮屈だからかな~



なんてことを神様になったつもりで考えてみた。





コップから水がこぼれ落ちるかのように。



でも、落ちた水も、捨てられるわけでなく、ちゃんと帰るべき場所や帰るべき道筋が、無限大にあったり・・・。




我々の魂は、そこまで気づけないから、悲しみやマイナスのエネルギーで片付けられやすいかな~


って、思ったりもして。








さて、シャーマンとして、



そんな神のレベルまで、悟ることができれば、




とんでもない大仕事やパワーを授かることもあったりもする。





モチベーションを上げ、心と体と魂を美しくし、本当の自分を輝かせ、自分の光の場所を見つけていくワーク、
天界と神々から学ぶ、愛と癒しと悟りのスピリチュアル覚醒ワークを限定で行っています(*^_^*)

【限定募集】ソウルエンライトメントワーク







最後に、ちっと難しいことを。



悟りの中には自由があり、その自由で己の意識が決まります。

例え、地球がアセンションしてようがなんだろうが、

それを傍観者のつもりで見れば、別に何も変わらなかったりもする。

と言っても私の中ではすでにアセンションは終わっておりますが。

だから、アセンションの話をするのは、個人的にちょっと古臭い感じがします。


今は、どう幸せに生きていけるか


ただそれだけですよ。


でも、ステップアップしないで古い地球や古い概念に生きる人間はまだまだおります。

そういう魂達に、どう愛のステップアップし、導いて行かせるか。


それが私たちの、オシゴトでもあります。













悟りの心を忘れずに。






天界のサポートを頂くスピリチュアル交流会と茶話会を行ってます。
大自然のエナジーと魂の気付き、そして天界の導きに沿った、スピリチュアル交流会
ライトニング・エレメント マザーアース セレモニー(天界・交流会)

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

スピリチュアルな旅人

Author:スピリチュアルな旅人
現実は魂の学びのため、幸せのため必要としているのだと思います。

だから、無駄な人生だとか無駄な時間だとか、そういう考え方ってなかったりする事に気づくことで、世界は自分で変えられることが分かってきます。

全ては自分が創り出していくことを覚えておくと、この先、楽だったりもします。


人生如何に楽しめるか・・・いかに幸せになれるか・・・それが大切です。

そんな暇人が口説くスピリチュアルなブログです☆

line
最新記事
line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line