ソースファイルの軽量化

実はみんな勝手なことばかりしているこの真実世界

ちょっと視点を変えると、実は違う世界が広がっていたりする、そんな日常生活での気づきをお届けする、のほほんワールドをお伝えしていきます。







実はみんな勝手なことばかりしているこの真実世界



私が、直伝霊気の習い立ての頃、

よくコミュにこんな書き込みをしていた。

『無許可で、人にレイキを送ることはいけないのでしょうか?』

いろんな返答があった。


それは人の家に、勝手に上がり込むのと同じであるということ・・・。


なんとなくそういうことなんだろうと覚えている。
でも、無許可でレイキを送ってはならない・・・・という意識はそのくらい大切なことなのだろうと、
なんとなく気づき始めてきている。
だからこそ、家庭や身内には、無許可で必要な時もあるのだろうと私は思う。


でも、直伝霊気っていうのは、まだまだ三次元レベルに定着したエネルギーワークだから、まだわかり安いと思う。


しかし、シータヒーリングというレベルになると、そうもいかなくなるのだ。

なぜなら高次元のレベルでエネルギーを扱っているからだ。


例えば、

私がこれから大阪の公共施設まで行ってくるため、

そこにたどり着けるよう、存在の根源に依頼して、

目的地、道、経路をエネルギーを引いて

たどり着ける愛のエネルギーやら浮遊霊の浄化やら、段取りを行うとしよう。


もし、無許可でヒーリングしてはならないということならば、
その道やその経路、その建物や乗り物に手をつけるためには、
国土交通省や公共施設の管理人(橋本さん?)やバス会社などに許可が必要だということになるのではないだろうか。

・・・・明らかに馬鹿げていると思わないだろうか。

さらに、自分のため必要に応じて、そこに関わってくる人などにもあえてエネルギーを与えるよう準備をすること・・・

例えば、バスの運転手や、深夜バスの座席の隣人とトラブルが起きないよう、そこに当てはまるものにエネルギーを引いたり、与えたりする・・・・


結果的には、人にヒーリングしていることになってしまう・・・・。
座席の隣人に、いきなり声をかけて、

『ヒーリングしていいですか?』

と声をかけなければいけないわけである。

・・・・本当に馬鹿げていると思う。

ここまでめんどくさい事をする人はいないと思うが、
シータヒーリングが出来ることは、高次元たる世界であり、幅広いツールがあるのだ。
ましてや、シータヒーラーによってはこういう事を平然としている人は多いです。


モノ、道、友人、

ちょっと行動するたびに、勝手にエネルギーをじゃんじゃん送りまくっているヒーラーは多い。



ん~・・・・



シータヒーリングでは少々スケールが大きいので、

若干、スピ日常的な感じでお伝えしましょう。

でも・・・セミナー内容が入ってくるから、曖昧な説明で終わらせます。



結論から言えば、

実は、人間は誰かと繋がっている・・・・というより

誰かの世界に自分の分身を送っているだけだったりする。


お客様に

過去のできたホームページを見せているといろんな世界の主人公の人間が見えてくる。


お医者さん用HPで、ちょっとふざけた感じで、レントゲンのドクロ画像がメインのホームページがある。

それを、女性のスピセラピストのお客様に見せると、

『ええ~っこれはないわ~』ってドン引きして、かなり否定していた。

私は、ここまでセンスを付いていけるという形成的なアピールのつもりだけだったが、

お客様は、全くその視点が見えてなく、ただただ、画像の一点しかみえていなかったのだ。

しかし、ある飲み屋を経営するお客様に見せると、

『めっちゃかっこいいじゃん!このレイアウトに、このドクロ画像のセンス』

と自分の世界で反響していた。

このように、僕が作った過去のHPは、その人その人によっていろんな役割を果たしている。


もっといえば、コミュニケーションでは、僕の発する言葉やそこから出来ていく僕という存在が、その相手の世界での役者として出来上がっていくのだ。


例えば、このMIXIのこの日記で


『君たちはバカだよね(笑)』

この言葉を載せたら、読者の世界にいる『私』という人間が、解釈した通りに役割をしてくれているのだろう。

それは人によって、いろんな悪い私に別れるのではないだろうか。

例:その人の中にいる、悪い私で言っている解釈①。

”人を見下してるんだろうなー”っと判断し、その人の世界に人を見下している『私』が出来上がりであるのだろう。


例:その人の中にいる、悪い『私』で言っている解釈②。

”何か訴えたいことがあるのかな?”っと判断し、その人の世界に説教をする『私』が出来上がり、『はい、私は馬鹿です(笑)』っと謙った自分を作り出してしまう。


他にも、上記の言葉を良い『私』として解釈する人間も多いだろう。





このように、もし私が上記のような言葉を発すると、

その言葉が、人それぞれの世界にいる・・・つまりその人が見えている『私』という役者にアップロードされるのだろうと思う。


如何に、その人の世界にいる分身に、相手に伝えたいことを発するかが、コミュニケーションとなってくるのだろうと思う。


今、つぶやき機能が日常生活で多くの人々に使われるようになり、

スピリチュアルの世界から見た、人と人との繋がりという真実が、別世界としてなんとなく見えてきていると私は感じている。


つぶやき機能は、その真実に気づかせる別世界を見るために、とてもわかりやすいと思う。



ただつぶやいただけなのに、

”誰かが怒り始めた”


ただつぶやいただけなのに、

”マイミクを切られた”


ただつぶやいただけなのに、

”馬鹿にされた”





精神世界という固定観念から言わせれば、


ただつぶやいただけなのに、

”私のエネルギーが汚れるからマイミク切ります”


ただつぶやいただけなのに、

”ネガティブエネルギーだ”


ん~、

エネルギーに敏感になり、低いとここまで落ちてしまうのは事実である。

しかし、もしかしたら本当は自分の世界にいる役者たちが勝手に自分をそうさせているだけに過ぎなかったりする・・・・。




もっとスケールの大きいことを言えば、

震災当時、自分の事で必死で、被災地や地震のことなんてどうでもいいっと思い、
自分の事で必死な状況だった人間は意外に多いのではないだろうか?

それも自分の世界の舞台がその範囲に入らないからだ。
自分の世界に入ってきた感情を掻き立てる情報で、その世界や役者たちにアップロードされていくのだ。




つまり、この真実世界からみた結論は、


自分の世界にいる周りの役者達が、勝手に自分にエネルギーを与えてきたことで行動する。

それはつまり、結局は自分が勝手に行動していることになるのだろう。


勝手にあの人を嫌い、勝手にあの人を好きになる。

勝手に騒ぎ、勝手に泣いたり、勝手に笑ったり、勝手に悲しんだりする。

勝手に不謹慎と決めつけ、勝手に怒ったりする。

勝手にエゴと決めつけ、勝手に大天使と決めつける。

勝手にエネルギーを与えられ、勝手にエネルギーを感じ取っていたりする・・・・。


これは、呟きのコメントや日記を見ただけで、そのように役者たちがアップロードれていくのだろうと私は思う。


現に、私のこの日記を見て、ふーんっと思う人もいれば、もしかしたら不愉快になる人もいれば、理解不能でとりあえずイイネを付けて去る人もいたり、文章のある一文だけに着目してしまい、それに対してだけの返答をコメントにするマイミクも入れば、二日後にマイミクを切っていったりするマイミクもいるだろう。


私は何の理由もなく、ただ無感情でこの日記を書いているだけなのだが。



ちょっと何かを発したり、ちょっと何かを行動するだけで、


実は無許可で勝手に、他人の世界にエネルギーを与えていることになる。


これがエネルギー世界(波動世界)の真実に導く、始まりなのだろう。







当たり前すぎて

ごめんなさい。


でも、エネルギーの操作を行なっている暗黙の視点があることは確かということです。


☆天界からエナジーを降ろし、精霊のサポートを頂くスピリチュアル交流会と茶話会のお知らせ☆
大自然のエナジーと魂の気付き、そして天界の導きに沿った、スペシャル・ワーク
エレメント・インスピレーション




天界のエナジーを使って、DNAを活性化すると、スピリチュアリティの幸せに導かれて、自分らしいゆとりの人生を歩めるようになってきます。

それがソウルラブ・DNAアクティベーションです。詳しくは↓
【募集】ソウルラブ・DNAアクティベーション
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

スピリチュアルな旅人

Author:スピリチュアルな旅人
現実は魂の学びのため、幸せのため必要としているのだと思います。

だから、無駄な人生だとか無駄な時間だとか、そういう考え方ってなかったりする事に気づくことで、世界は自分で変えられることが分かってきます。

全ては自分が創り出していくことを覚えておくと、この先、楽だったりもします。


人生如何に楽しめるか・・・いかに幸せになれるか・・・それが大切です。

そんな暇人が口説くスピリチュアルなブログです☆

line
最新記事
line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line