ソースファイルの軽量化

その人の道、人の道・・・『漁師』

その人の道、人の道シリーズ

第四弾




ふと思ったことだが、

漁師という職は、最強の職ではないかと、私は感じた。

うちの姉の元彼さんは、漁師のような船を動かす職である。

私がシータヒーリングの習いたての時、彼にシータヒーリングをしたとき、

逆にこちら側が大きなエネルギーに押しつぶされそうな感覚を感じたことがある。

広大に広がる海、そして大きな太陽・・・この力強いエネルギーに押しつぶされるような強い強い熱・・・・。

天照大御神とコンタクトしたときとの感覚と似ている。

凄かった。


彼に聞くと、

八百万の神々に感謝しているという。

それは、船を出すたび、海の神様、太陽の神様、全ての神様に感謝するという。

逆らえない大自然に、自ら足を踏み入れ、下手すれば命懸けの狩りになるということ。

だからこそ、『常に不安や恐怖などの感情を抱いている暇もない』

と、口々にする。


私は父親の趣味の影響で、釣りは好きである。東北の田舎者として。

でも、船に乗って出ることはかなり精神的な肉体的な体力が要求さることを何ども経験している。

人間は、永遠に地面など揺れる場所で生活はしていない。

だからこそ、船に乗っている感覚がおかしくなり、具合が悪くなったりする。

さらに強い潮風、なぜか強い太陽の日差し、夜になると尋常じゃない寒さに襲われる。

これは、地が海であることで、世界が全く違った揺れた世界だから。

その世界から地上に戻ると、その呪いは中々取れないのだ。



うちの父親の友達で、80歳を越える”名人”と呼ばれるおじいさんがいる。

そのおじいさんは、あえて大嵐の日しか船を出さないという。

大嵐になったときに、あるポイントに大物の魚たちが集まる秘密の場所があるからだ。

秘密?

そう、海上保安から許可が出ていない場所である。


ある台風の日、船は出た。

私もいた。


映画『パーフェクトストーム』のような見たこともない大きな波がグワングワンきて、

恐怖とか不安より、とにかく笑いしか出なかった。

船酔いとか以前に、とにかく波を超える度に、自分たちが船を持ち上げているかのように、

ヨイショー!ヨイショー!

っと凄い労働を使うのだった。

ただ船に乗っているだけなのに・・・。


そんな中で、手を血まみれにしながら、リールをカリカリさせていた。

生きた小あじを釣り、生きた小あじに針を刺し、

そのまま泳がせるのだ。


狙いはヒラメと聞いていた。


でも、「エラあらい」という恐ろしい魚が集まっている聞いた。

えらあらいは、通称「スズキ」と呼ばれている魚である。

エラあらいは、エラが刃物のようになっていて、餌に食いついたら、エラで糸を切る化け物である。

釣り人にはかなり迷惑している謎の化け物である。

その重さを引き上げるのに、船上用の竿でさえ、石を持ちあげているかのように曲げられる。

やはり糸はきられる。

でも名人は、1メートルを越える化け物を船に上げていた。



漁師というのは、年齢や体力関係なく、

完全に魂から何かが出ていて、物凄い強いエネルギーが要求されるのだと私は感じている。

海の世界に入ると、そのくらい強いパワーが要求され、逆にそのくらい強い大自然のエネルギーに満たされるということに気づく。


私も海が好きだ。


でも、船に乗ったら、一週間寝込み続ける。

船は客船ではない。漁師や釣り人専用の船のことだ。


昔はマグロを釣るときは、ある動物を生きたまま針をさして海に落とすと聞いたこともある。

父の経験によると、カジキを釣ったら、そのままバットで死ぬまで叩きつけると言う話も聞いたこともある。

また、指を何本かなくしている漁師も見かけたと言っていた。


常に、自分達が生きるため、自分たちより低いレベルの生き物を犠牲に捧げる。

大自然の凄さを感じさせることがあった。


だからこそ、八百万の神々に感謝を捧げる。

元彼さんからはそう教わった。


感謝を忘れることは、

大自然の法則に背いてしまう場合があるから。

私はそう感じている。


神処の真実セミナー応用では、

なぜ我々は動物や生き物を殺して、食べるのか?

スピリチュアルの世界から見たその真実が語られます。

ただ、今言えることはただ一つ、動物や生き物を殺して食べることに善悪は存在しない。

イルカの真実を知れば、それは解決に導くだろう。


話がそれましたが、

『漁師』というのは、私の経験上、強力な職ではないかと感じている。

それより先のレベルが、『仙人』という世界だと私は思う。



最後に、

船を出した台風の日、

後半、海上保安官がやってきた。

しかし、そのまま捕まるのかと思いきや、

海上保安官がその名人の顔を見たら、

『二度目は許しませんよ』

と言って、去っていきました。

名人は笑ってこう言ってました。

『いつも二度目はないぞって言って去っていくんですよ』

と。


☆各セッション&エネルギーワーク☆

1000円遠隔ヒーリング 
聖母マリア様の愛 遠隔ワーク

初めての方様のセッション☆ライトエンパワメント
http://ameblo.jp/spiritualtraveler/entry-11430728838.html

アセンションワークとは?(注目のワークNEW)
http://ameblo.jp/spiritualtraveler/entry-11464277872.html

ブレスヒーリング
http://ameblo.jp/spiritualtraveler/entry-11430711705.html

DNA活性化エネルギーワーク
http://ameblo.jp/spiritualtraveler/entry-11222324013.html

瞑想&チャネリングスクールのご案内
http://ameblo.jp/spiritualtraveler/entry-11457848193.html

これは月に一度しか募集していない究極の神のエネルギーワークであり、それがパーフェクトフルセッションです。
http://ameblo.jp/spiritualtraveler/entry-11328557134.html
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

スピリチュアルな旅人

Author:スピリチュアルな旅人
現実は魂の学びのため、幸せのため必要としているのだと思います。

だから、無駄な人生だとか無駄な時間だとか、そういう考え方ってなかったりする事に気づくことで、世界は自分で変えられることが分かってきます。

全ては自分が創り出していくことを覚えておくと、この先、楽だったりもします。


人生如何に楽しめるか・・・いかに幸せになれるか・・・それが大切です。

そんな暇人が口説くスピリチュアルなブログです☆

line
最新記事
line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line