ソースファイルの軽量化

大山神社の破壊

スピリチュアリティな仕事をしているアーラです。

この世界はちょっと視点変えると妙な世界へ引き込まれてしまうことがあります。

そんな不思議なお話をします。



「大山神社の破壊」



伊勢原市、大山の仏たち、精霊たち、神々は、

荒く、冷たく、人の置いていった汚れで土地は崩壊しているように感じた。



私は、それを中途半端にしてはならないと、

ようやく心から感じ始めたのは、沖縄から帰ってきたときのことだった。


神様のお仕事は、誰にどう言われようと、神様から依頼された唯一の私だけのお仕事だ。


それを邪魔する存在は、それなりの処置が必要な時もある。



去年のそやつの発言は、

自分と神を閉ざす世界への導きだ。


スピリチュアルワーカーをしていて、

そんなに神様を信じることができず、そのやりとりをすることがバカバカしいのならば、

そんな狂ったずれたことをしているならば、

その発言の通りの世界に導くことにした。



私が弱かったのが甘かったが、そやつにもそういう導きが必要だ。



神様のいない世界。


利益と存在でしかない世界。



まるで、セメントのようにそれ以下でもそれ以上でもない

なんでもない、誰にも意識されない、ただの道具でしかない世界。

ただ道路の一部にしかない世界。

私はそういう導きエナジーで行った。

それを求めているわけで。




私は、自信を取り戻した。




さぁ、大山のやまばばの巫女さん、

始めよう。


今回は、いつもの蝋燭に火をつけるだけでなく、

前までから神聖に飾ってあった蜜蝋にも火をともした。




聖剣を手に取り、天界の入り口を開けて、

天界のエナジーを降ろした。


大山に刺して、てこのように山の源となっている大きな大きな白い光の玉を取り出し、

それを空へ天界へ浮かせた。

さらにそれに続いて、奥の方にも白い光の玉が二個続いているように感じ、さらには、傘型のような器が三枚横に重なっているように感じ、

それらを全て天界へ浮かせた。

それらを『大山の光玉』と名付けた。

この三つの光の玉には、神様や仏様が眠っているようだ。

『大山の光玉』(基盤となる風水の知識を引きだしてみれば、なんとなく解りそうな精霊たる山となるようだ)


高龗神(タカオカミ)は基盤となる大地と空気を司り、
大山祇大神は、一つの玉に眠っているようで、もう一つは、仏のようで観音のような女性性の神様に感じた。
大天狗は山の守護神のように天界から見守り、

崇神天皇のエナジーの域のかかった聖域の山だ。

そして、人間社会ともののけ界、神様の世界を仲介し、取りまとめているのが、私にとりついていたその大山のやまばばのような巫女のような存在。

と言っても、その存在は人間よりもかけ離れた、汚れ神のような高い存在である。

そして、仏たち、羅漢、精霊、観音、天狗様、大山の神々、これまでのその周辺の住人たちであるもののけ、

その山々の者たちをできる限り、天界へ上げて、

大山の光玉へと帰した。

彼らは本来、神であり、仏であり、もののけはそれを手助ける精霊たちであったことを思い出させることで、天界へ導かれていく。




大山の光玉は、


目が開けられないほどの物凄い光で眩しくなり、さらなる上天となる天界へ上がって行った。


それは普通の人々では気づけない天国の領域であり、休息へと帰って行った。




これで汚れ神となる山のばばは、

ゆっくり眠ることができたのか、

全てが解決したのか、解らない。

なぜなら、それからその汚れし存在たちが感じなくなり、見えなくなったからだ。



伊勢原の大山は完全に破壊され、大山阿夫利神社から続く大山は光の玉が三つほど抉られているかのように掘られた跡があり、その荒れた姿は、やがて土砂崩れで鎮まっていくだろう。


下社のエナジーには、エベレストのような高い山が、はさみのように神々しく高く立っているだけで、

そこに神様や仏様、精霊たちが息を潜んでいるようには到底感じられない。


彼らは無事に天界へ帰ることができたのだろうか?

大山のおばば、どこにいるのだろうか?


ただそれだけが心配だ。


神々よ、私は常にあなたたちを意識し、感謝し、生きている。

それは、周りの人間の意見やどういう邪魔な意見よりも重要であることを、約束し、

今後の仕事に励んで行きたい。

それが私の幸せでもあるから。




序章
大山神社の破壊 ~伊勢原市、神々の汚れと苦しみの筋~



愛と感謝を込めて





高次元の波動ヒーリングで、邪念、エンパス防止!波動の高い次元ライフを送れる!不思議でかる~くて波乗りの生活へ☆


スピリチュアルヒーリングでは、何も感じない方、

☆幸せなエナジーを感じてみたい方!

☆ヒーリングで変わってみたい方!

この超・神聖波動ヒーリングを受けてみてください☆

これでダメなら、ヒーリングを諦めること・・・。


スピリチュアルの本当の高い波動に乗る生活を送れていますか?(心が軽くて、とにかく、気分が良~い生活)

高次元の波動で、充実した生活、邪魔されない、スムーズな人生へ☆

これは、最も波動の高い、天界の神聖波動ヒーリング!
詳細は下記から
超・神聖波動ヒーリング(キャンペーン中)



感謝を込めて
スポンサーサイト
line

大山神社の破壊 ~伊勢原市、神々の汚れと苦しみの筋~

スピリチュアリティな仕事をしているアーラです。

この世界はちょっと視点変えると妙な世界へ引き込まれてしまうことがあります。

そんな不思議なお話をします。



「大山神社の破壊 ~伊勢原市、神々の汚れと苦しみの筋~」



神様の仕事をしていて、

私は、弱みを突かれてしまい、

知らないうちにずっと中途半端にしてしまった仕事が見えなくなってしまっていた。



それが、私の自信と言うエナジーの流れを遮断し、

それが、私という存在が狂わされてしまい、

持ってきた神々を怒らせてしまった原因だった。



「あくまのさとり」で語った私にとっての悪となる人物(ライフキーパーソン)は、

一人だけではない。

ある宇宙系スピリチュアルスクールのエナジーでワーカーをしている、「仲間」もいる。

去年、そのエナジーで発した力は、私の自信と神様との約束を大きく壊していった。

「神様の仕事?頭がおかしいんじゃない?」

私は、ずっと気にしていなかった。

しかし、この一言である私の心の中でつっかえていた見えない苦しみとなっていたことに

気づいた。



人間の言葉は、通り道に過ぎない。

例えば「あほ」

この一言で、人はいろんなコミュニケーションやエナジーを与えることができる。


愛の分かち合い、

エナジー、

慈悲の愛、

尊敬の愛、

単なる悪口

単なるバカにした台詞

スピリチュアリティの世界に足を踏み入れてしまって、

人間とは違うエナジーを繋がってヒーリングやらワークをしている連中は、

その一言には、女神や高い存在と言った台詞ではなく、

そういうたちの悪い存在の思惑の入った厄介エナジーが入っている。


今回は、そうして、去年の私のお客さんを使って、

私に対してのそういう狂った封印と自我の支配と言ったエナジーを与えてきた。


私の感じているこの仕事、神様の対話、神様からの依頼、仕事、

これらは、私の精神世界に過ぎず、私の仕事に過ぎない。


しかし、去年の私は寂しさ、人からの理解を、

他者に求めてしまい、それが弱みとなって、厄介なエナジーを送り込まれてしまった。


それが、上記で語った一言だ。


全ての人間が、私のやっていることが真実とは絶対的にあり得ないし、私のお陰で世界が変わっているなんて、全ての人間が、そういう世界で生きているとは、絶対に限らない。

私たち一人一人は、同じ世界で生きているように見えて、真実は別々の世界で生きていて、

それは、愛やエナジーと言ったコミュニケーションで、シェアして、なんとかイメージして理解しあい、感じ合うことで成長して行くこと。


そんな大切なことを解っていて、

去年の私は、見えない自分の寂しさや人への理解を優先してしまった。


それが、今回の問題だ。



私は、自信をなくしていた自分がいた。


伊勢原市の阿夫利神社に行った時、

私は神仏の世界の入り口で、たくさんの天界の神仏たちと対話するつもりだった。


だが、

その阿夫利神社の環境は、酷いものだった。


道中の神仏は壊れ、道中の寺や山頂の神社は、廃墟のように汚れていて、


ただただ景色を眺めに登りに来た観光客によって、


ゴミは散乱し、騒がしく、山々は崩壊寸前だった。


木々は倒され、土砂崩れの痛々しさが後を絶たなかった。

これでは、神社の神主さんたちも閉鎖的になるのは当然だ。

私は、その汚れた山に対して、嫌気がさし、一気に本来の目的を忘れてしまい、

意識が変わってしまった。



こんなはずじゃなかったのに・・・。



なぜ?


私は、嫌気のまま、何もせずに、ただ浄化の仕事をさせられたかのように、

帰ってしまった。


私は、こんなところにきたくない。


メディアや情報だけで、観光客が殺到し、

大地を破壊し、ゴミや霊を置いていく汚れた場所になんか。


そう、嫌気がさしてしまった。


その汚れは、頭痛も絶えなかった。



当時、私は弱っていて、去年の例の出来事で、大規模な神様の仕事に対して自信もなかった。


何も見なかったことにしよう


そう帰ってしまった。




それから、私はますます何かの自分に自信がなくなっていった。


なぜだろうか?

エナジーも高いレベルを保持しようとするとずれているようで。


そして、5月から本格的な何かが始まった。


あるお客様が、眠っていたお稲荷様が目覚め、それはもののけの中でも厄介な存在であり、

私や私の周りのお客様にもジャミングのように影響が行くようになった。


運気の低下、ちょっとしたトラブルに巻き込まれたり、貧乏になったり、知らないうちにそんな思考に堕ちてしまったり、そのお客さまだけはまるで私たちのエナジーを吸い取っているかのように、

運気が上がり、うまい方向へと行く。


そのお客様は何かがおかしかった。


私のスピリチュアル仲間と内観したら、

それは、お稲荷様だったことを知る。


でも、なぜ、私たちは巻き込まれたのだろうか?



そして、その原因に気づいた時、


それは、お客様のお稲荷様だけでなく、他にもいろんな問題が起きていることに気づいた。


私の実家の神様やご先祖様による、私の家族とのトラブル、

スピリチュアル仲間の方の家族のトラブルとご先祖太古の問題、魂を食べる存在。

その光景は、あちこちで大地が荒れていて、低次元のエナジーで勃発しているように見えた。


これは・・・私たち一人一人の問題じゃなく、

空がおかしい。

空のエナジーがしっかりしていれば、こんな荒れるようなことはないはず・・・。



強力な低次元のお稲荷様や高い神様をいとも簡単にコントロールし、

世界を泥沼の現実へ導こうとしている存在とは・・・・

一つではない。


空が、大地が怒っているようで・・・・。

私の左側に取り付いていた怒り狂った幽霊は、

幽霊ではなく、

何かの汚れ神だということに気づいた。



沖縄で、夜眠っているとき、

私は右手が二つあるような感覚で、勝手に動いて、スピリチュアル仲間の顔を弾いて怪我をさせてしまった奇妙な現象があった。

私は、寝ていて右側に手が二つある感覚しか記憶にない。

しかし、ベットは離れているし、右手を伸ばしても届きにくい距離であった。


最初は、その家の住人の先祖の問題か私の家族の問題かと思っていた。

しかし、それはあまりにも強力な力で、人間の力ではない怒りの力だった。



それが、鬼のような顔をして、やまの鬼ばばのような存在、

汚れ神だった。


それが、大山神社の現在の主のように、私は感じた。


大山神社は、神々しい山々と言うより、もはや放置された神仏、精霊たちがもののけ化した

荒れ狂った土地となっている。

それを取りまとめるのはその汚れ神であり、古代の巫女のような姿をしていた。


しかし、そんな地位的な存在も忘れ、山が汚れていくたびに、

彼らは振り回され、汚され、やがてさ迷うようになり、


もののけへと変化して行った。



誰も、この山を何とかしようとしない。

誰も、何も気づかない。

神仏の後始末がされていない。



私は、汚れ神の感情を読み取り、悪さをするもののけたちの感情を読み取り、こう言った。


『破壊しよう。』


天界にアセンションさせ、神仏を帰してあげよう。

そう決意した。



続く


参考ブログ4月6日「伊勢原市 大山登山」
伊勢原市 大山登山





愛と感謝を込めて






高次元の波動ヒーリングで、邪念、エンパス防止!波動の高い次元ライフを送れる!不思議でかる~くて波乗りの生活へ☆


スピリチュアルヒーリングでは、何も感じない方、

☆幸せなエナジーを感じてみたい方!

☆ヒーリングで変わってみたい方!

この超・神聖波動ヒーリングを受けてみてください☆

これでダメなら、ヒーリングを諦めること・・・。


スピリチュアルの本当の高い波動に乗る生活を送れていますか?(心が軽くて、とにかく、気分が良~い生活)

高次元の波動で、充実した生活、邪魔されない、スムーズな人生へ☆

これは、最も波動の高い、天界の神聖波動ヒーリング!
詳細は下記から
超・神聖波動ヒーリング(キャンペーン中)








正直に言います。


今までのスピリチュアル(人生)からでは、あんまりなにも変わらなかったです。


これまで、10万、30万、100万のスピリチュアルプログラムを受けて、・・・・自分の人生がその創始者のスピリチュアルワールドに引き込まれていくだけで、私の人生はあんまり変わらなかった。。

光を感じて、天界を感じて、本当に人生が幸せになりましたか?

本当の天界というものを感じたことがありますか?


しかし、私たちはこの覚醒ワークで、最高の人生ってほどに変わりました!!

特別な知識な、特別な修行を受けてきたわけでもないのに、普通の人だったのに、今じゃ、スピリチュアルスクールを開けるくらいの、創始者並みのアセンションエナジーを持てるようになりましたよ!!本気でね!



スピリチュアルヒーリングもエナジーも、天候までも、気軽に管理できるようになったようです☆



これは、私が、隠れ大富豪から悟った、本当に人生を変えていくワークであり、それまでの人生からスピリチュアル世界までも卒業し、本格的に自分で覚醒し、自分で幸せの世界を実現していく、ごく一部に限られたの究極のスピリチュアル・エンライトメント・ワークです。
興味がある方は下記のページへ。

覚醒ワーク・ソウルエンライトメントとは何か?




感謝を込めて
line

お稲荷が愛しき回顧のもののけになるとき、

スピリチュアル凡人たるアーラです流れ星

この世界はちょっと視点変えると妙な世界へ引き込まれてしまうことがあります。

そんな不思議なお話をします。



「お稲荷が愛しき回顧のもののけになるとき、」





6月という年は、


太陽のエナジーが直接反射し、


月のエナジーが大きく蠢くとき。





それは、私の月だ。



その月に最も関わる、私が一番近くに感じる存在が、


お稲荷さんだ。



私が生まれ持っての切っても切れない縁であり、



それは、強力な日本の神様だ。



私が、なんとかこの世に生まれてこれたのも、彼の護衛があったお陰のようなもの。


しかし、それは見るからに私に負った被害は大きなもので、むごいままこの世に形として産まれてきたことになったが。



そういうわけで、お稲荷様というものは、切っても切れない縁である。



実家のお稲荷の社がどういう状況か気づくまで、


それは、誰も手入れをせず、祭ることがなく忘れ去られていた廃墟そのものだった。








2014年は、とくに大きなエネルギーが動き、ほとんどの人間の人生に大きく変容する。


結婚、妊娠、人生の方向性のイニシエート、




その6月は最も始めりの中心的な時であり、15日は、神ごとのお祭りの日。


私の農作で繋いできた先祖は、


今年も良いお米ができますようにっとお稲荷様や神様を祭っていった。




私は、パーフェクト・ガイアフィールドと言う神々を使った広大ワークをやっていたが、


お客さんの先祖から発覚した古の呪いと神々の怒りにふれてしまい、


私が愚かなことに、伝染し被害を追ってしまった。




体調を崩し、頭を、肩を、肺を、内臓を、っと病に覆われ、


それは、内心だけでなく、現実世界へとも広がっていく。


私の身内、私の生活、私の人間関係も、私を孤独に閉じ込めていくかのように破壊し、私を追い詰めていく。


私の知り合いのセラピストに、引き継ぎをお願いし、今回の限り私はワークを降りることになった。



体調を治すため、内観し、薬師如来と対話し、愛について悟りを見ていた。



そしたら、大切なことを忘れていた。




それが、お稲荷さんだ。




『その病に冒された肺は、おれにヒントがあるよ』


お稲荷さんはそう私を悟らせてくれた。



そうだ・・・・君のエネルギーは、私が生まれ持っての個性と天才を持つ、


私だけの私そのもだということを忘れていた。


私は、私と言う魂を忘れていた。


それが私の愛なのだろうか。


それが、私の愛だという事を信じていいのだろうか?




私は、呪いから誘われる恐怖に、心の中で涙を流しながら、

お稲荷さんに訴えてしまった。


そしたら、空が光って、天津の神々の使いが降りてきて、


自分を信じないさい。


っと光を刺し伸ばしてきた。




それから、

6月15日、


お稲荷さんに言われたとおりの、忘れていたお祭りをしてあげた。


神棚に、大きな大きなお結びを作った。

自分の掌より大きなお結びで、その傍に、ウィスキーとお水を上げた。




その時、

そのお結びに一匹の赤いほくろの付いた白いキツネが

アーラ家のお米を見て、食べ始めた。


そこから、いろんな小さな灰色の存在から疲れている精霊たちが集まり、お米に群がった。

彼らは、徐々に白くなっていく姿が見受けられた。


その時、そのキツネが、昔、私の家で飼っていた懐かしい存在になっていくような気がした。



15年も生きた猫だ。


周りの精霊たちも、私が今まで飼ってきた生き物たちに感じた。




とても可愛がったり、時に喧嘩したり、いじめたり、過ちで死なせてしまったり




本当に、嫌な飼い主で、迷惑ばかりかけて、頭が上がらない飼い主だったと思う。





私にできることは、

ごめんなさい、っと連呼することしかできない。



彼らは、私に殺されてしまったのようなもの。


だから、今となっては、どんな動物が飼いたくても、どうしても自分の責任能力に恐れがあり、

飼う事ができない。





命の大切さ、その愛とはなんなのだろうか?って、

そんなこの地球での答えが見つかるまでは。



パーフェクトフィールドから頂いた伝染的な呪いよりも、



どうやら、この肺や肩の苦しみの呪いのほうが、


どうやら、私にとっては強い存在だ。



彼らは私にされたことを恨み、未練を残して死んでいったのだろう。


しかし、その恨みは私と共に過ごしていくことで、


私を恨みながら、その反面、私を愛するようになっていった。



命を粗末にした私は、命を粗末にされたそいつらも、

私と共に歩んでいる。


6月15日は、忘れ去られていた回顧の愛で、大切な祭りにするよ。


だから、私は、この呪いのようなお稲荷とは、切りたくても切れない縁なのだ。


私は惨忍で、残酷な子供時代で、その反面とても辛い少年時代を送ってきた。

周りの人間には語れないし、私とそいつらにしか理解できない、

私だけの懐かしき回顧の思い出だ。




お結びとお酒とウィスキーで祭った瞬間、

私の肺と肩の病、その苦しみは、すーっと消えていった。


それから、咳が収まり始めた。



今月は、

回顧の愛と感謝を込めて、お稲荷さんを祭る日。神々を祭る日。





月に二名様だけしか募集していない古の超高度な愛のスペシャルセッション
パーフェクト・ガイア・フィールズ [全精霊・浄化解放・昇進フルセッション]


スピリチュアル相談、個人セッションは下記のリンクから
浄化と解放のセッション(個人セッション・対面)





高次元の波動ヒーリングで、邪念、エンパス防止!波動の高い次元ライフを送れる!不思議でかる~くて波乗りの生活へ☆


スピリチュアルヒーリングでは、何も感じない方、

☆幸せなエナジーを感じてみたい方!

☆ヒーリングで変わってみたい方!

この超・神聖波動ヒーリングを受けてみてください☆

これでダメなら、ヒーリングを諦めること・・・。


スピリチュアルの本当の高い波動に乗る生活を送れていますか?(心が軽くて、とにかく、気分が良~い生活)

高次元の波動で、充実した生活、邪魔されない、スムーズな人生へ☆

これは、最も波動の高い、天界の神聖波動ヒーリング!
詳細は下記から
超・神聖波動ヒーリング(キャンペーン中)





感謝を込めて
line

ご先祖様の気持ちを考えたことがあるだろうか。

自分がどんな情けない人生を終えようと、


今の時代からみれば、ださくて、汚い人生を送ろうと、


その人から見れば、懸命に生きたあかしであり、



そこに自分の子孫が、現世で生き続けていると、


気づいたら、






もし、私だったら、



気になって気になって仕方がないだろう。




話したいこと、辛いこと、人生で大変だったこと、


本当の気持ち、本当の心を




いっぱいいっぱい話したいだろう。






家族の愛は、


深すぎるから、


良くないのだ。




それを先祖から繋いできた。



私たちは、そういった愛と言う呪いで生かされている。


どんなに遠出して故郷から逃げても、私たちはDNAで、魂で、受け継がれている。









でも、パーフェクトガイヤフィールドのセッションをしていて、





私は常に気づくことがある。




どんなに鬼のような迷いの先祖や悪魔のような呪いの先祖をあげるということは、


その人の人生を私が送ってあげるような、辛い思いであり、

そんな長い間の闇の世界にある、



始まりとなる、小さな愛を見つけれることができれば、



その闇の世界はまたたくまでに、花畑のような愛の世界へと、大きく変わっていき、







空から神様が顔を出す。










これだから、この仕事はやめられない。


例え、危険なものだろうと



彼らが遠く忘れ去ってしまった、闇の世界にある愛を見つけだす自信が



私にはある。




彼らは、鬼だろうと呪いだろうと、





ただ人間であったことを忘れているだけ。





神様、いつもありがとう。






次は、どんな魂の物語を私に気づかせてくれるのかい。




それは、私の人生において、


お金よりも、現世の愛よりも、価値がある



私だけのやりがいのある大仕事。




愛と感謝を込めて





月に二名様だけしか募集していない古の超高度な愛のスペシャルセッション
パーフェクト・ガイア・フィールズ [全精霊・浄化解放・昇進フルセッション]

スピリチュアル相談、個人セッションは下記のリンクから
浄化と解放のセッション(個人セッション・対面)







この覚醒ワークは、

今の自分の感じているスピリチュアル世界から抜け出し、

生死のどちらの世界でも、スピリチュアリティな天国な人生を歩みたい方、

今の人生から進化する方法を知りたい方にしか教えていません。

それは、本格的なスピリチュアル覚醒ワークです。

覚醒ワーク・ソウルエンライトメントとは?








ライトワーカーになりたい方、ヒーラー、スピリチュアルセラピストになりたい方へ・・・・大切なお話があります。
世界のスピリチュアルスクールに認められた公認ライトワーカー、公認ヒーラー・・・

資格認定!!・・・・なんて何十万も費やせば誰でもなれます!!!

それから数年、活動の気力もない疲れきったヒーラー、飽き飽きセラピストになって、その教材道具は、今となってはほこりをかぶった思い出の荷物になっています。

70%認定ヒーラー、ワーカーがそんな真実であることに・・・誰も気づいていない。

今の時代、公認ヒーラー、公認ライトワーカーほど、スピリチュアリティの価値が遅れているのはご存知ですか??


その真実は、下記の私が提供している本格的な成功する(本当に成功している)スピリチュアル・ゴールデンワーカープログラムの詳細で、暴露しています。ぜひ読んでみてネ!
ゴールデンワーカー 秘密のスピリチュアル育成プログラム☆幸せ成功するプロのヒーラー・プログラム





感謝を込めて
line

八王子城、大地の崩壊と地獄の呪いへと継承される。

スピリチュアルセラピストのアーラと申します音譜


この世界はちょっと視点変えると妙な世界へ引き込まれてしまうことがあります。

そんな不思議なお話をします。





八王子城、崩壊と大地の呪いへ継承される。








ある日、突然、



私は狂った。




怒り狂った。



辛い、辛い・・・。







こんな苦しい状況で、私はワークやら仕事やら生活をしてかなければならないのだろうか?









天界に、意識を切り替えても、地に落ちる苦しみ。




許せない心、




吐き気、めまい、尾骶骨のズレ、あり得ない寒さ・・・。






なぜ、神は、天界は、誰も答えない?







そしたら、スピリチュアルセラピストのアレシアさんが答えた。





『大地を波乱とさせる将軍の怒りが、、あなたを気に入り、あなたを捕まえた。』




将軍?何の話?




全く理解できなかった。





だが、アレシアさんのある一言で、全てが通った。





『八王子城・・・』




そうだ・・・。




これは、戦国時代で極めて卑劣な死を遂げたような世界(心)だ。




恐ろしい・・・・恐ろしい・・・。



これは、地獄界の恐ろしい怒りだ・・・。



生きた人間の心では耐えられない。






誰も許せないし、不動明王が再び地獄界へ帰ったような、恐ろしい世界だ。






私の魂世界から見れば、きっかけは


八幡様の依頼を受けたからこそ、八王子全体にエナジーが響き渡ったようなものだ。


だからこそ、この大地を管理する存在が、簡単に流すわけながない。


目をつけられていたんだ・・・・。








北条氏照





恐ろしい怒りだ・・・。






八王子城の陥落は、酷いものだ。






アレシアさんが調べた話では、




豊臣秀吉が送った城を明け渡せば攻め込まない、無駄な合戦を避けよう

という手紙を、


北条氏照が傲慢にも破り捨てて、戦争をしかけた。


しかし、北条氏照が軍を率いて、出陣している間、


卑劣な豊臣秀吉は、合戦に立ち合わず、


そのまま八王子城へ向かい、将軍の妻や子供をようしゃなく切れ捨て、


彼女たちの晒し首を、出陣から帰ってきた将軍たちの見えるように並べて、将兵たちの気力を失わせ、絶望へと導いたとか・・



私の解釈が間違っていなければいいが、


とにかく、酷い怒りと苦しみで、あまり話を聞きいれることはできなかった。



本当に酷い話で、あまり聞き入れることができなかった。






この残酷な結末になるには、

北条氏照に裏切り者がいたからだ。


それは城を建てた者らしい。


また、北条氏照には息子がいたらしいが、


息子は戦争を好んでしかけるような荒い血の持ち主ではなく、


平和と繁栄のために、豊臣秀吉の申し出には謙虚に受け入れ、


大阪城に導かれるくらい、豊臣秀吉に受け入れられたとか。


詳しいことは良く分からないが、




この恐ろしい戦国の地は、八王子の土地全体に波乱へと導いているように私は感じた。




八王子は、学生町と言うが、


正直言って、私が行く八王子のどの土地も、


少し荒々しく礼儀ない若者たちが多い。


引っ越しする際は、家具などのゴミを平気で庭に捨てたりして、

土地はとても汚さで汚れている。



私が感じてきたこの若者たちの人格は、


今思えば、豪族に乗っ取られ八王子城と、その反面、貧困が激しかった土地の表れだと、


私は悟った。



確かに、私が引っ越してきたばかりのマンションは尋常じゃなく汚れていて、


それからエナジーをとても高めまくってきて二、三年、


とてもきれいで住人の人柄も変わってきているが、


マンションから一歩出れば周りがゴミのようなところが目に入ってくる。



この振動数は、どう見てもこの土地が、八王子城が北条氏照に奪われるまで追いやられ賊となってしまった人々の荒れた土地と感じられる。

とにかく不安定な波動を持つ人々だったのではないだろうか。


そのさ迷う魂が持つ波動が、何百年と変わっていない土地だと認識する。





北条氏照がどのような豪族で、それなりにどのような心情のない存在だったか、

解らなくもないかもしれない。





アレシアさんは言っていた。



戦国武将は、そのくらいプライドが高くて、すぐに戦争を起こすような高ぶりで、


豪族であれば尚更、身分関係なく人々の心とその大地を理解する冷静さもなかったのかもしれない。


だから、手紙を破って、プライドから発せられた炎のような戦意のままに突き進んでしまった。





私とアレシアさんが、その後、必死に対話し、北条氏照の魂を解放して行ったが、



これが・・・簡単に終わらない。



後悔しているのだけど、戦国の武将として、プライドとして、突き通そうという怒りのパワーが、


尋常じゃない。




私は力つき、アレシアさんが夜中まで対話してくれて、やっとのこと、

解放してくれた。





八王子城跡に訪れる人々は、



歴史マニアや心霊スポットとして肝試しで訪れる人々、トレッキングコースで使う人々、



いわゆる冷やかしで訪れる人々が多いいらしい



だから、誰も残された想いに気づかず、解放されていないようだ。





アレシアさんのお陰で、


一週間以内でなんとか、私は正気を取り戻すことができ、


北条氏照は、心が解かれたようだ。




北条氏照の子孫は、現在、創価学会の会長をしているみたいなことを、ウキィペディア先生が言っていた。


だから、八王子は、創価学会の建物がたくさんあって、町の人々はとてもうるさい。


それらのエナジーは、歴史から生まれた波乱な波動が未だに鎮まることなく・・・現在用のように、背景で受け継いでいるのではないだろうか・・と。


だから私は、八王子の学生たちや人々を見ていると、疑問に感じる時がある。

うまく鎮まり返って、地域の人々との繋がりが良い繁栄へと進むことができているのか・・・。


本当にできているのならば、少しどこかエナジーの乱れた若者たちや村の人々の人格は生まないと・・・私は思うが。


私はそこまで深入りするつもりはないし、自分が感じてたまたま出会った人々に過ぎないっと流すだけ。







北条氏照の問題は終わったが





私には、どうしても引っかかることがある。




そして、それが北条氏照の地獄の心を増幅させていた『何か』


なのではないだろうか。



これが、考え過ぎで終わってくれればいいものの・・。




八幡様は、眠りながらも、


私に何かの仕事を呼び掛けているような気がして、



そして、その『何か』に呼ばれているこの寒気が、



止んでいないような気がして・・・・。






北条氏照の影響は、この大地に響くくらいの力がある。


八王子のあちこちでも、みんなお祭りをしたりして、魂を静めているのだろう。


だが、どうしても解けなかった地獄の心があった。



それが、私の悪い人格と繋がってしまった。

私自身に、エゴや悪い人格があれば、


それは、呪いの如く、強くやってくる。


八王子城の鎮魂(あれしあさんの記事)
http://ameblo.jp/fukudamaya-netblog/entry-11785444458.html






愛と感謝を込めて





高次元の波動ヒーリングで、邪念、エンパス防止!波動の高い人間になろう


スピリチュアルヒーリングでは、何も感じない方、

マジで幸せなエナジーを感じてみたい方!

マジでヒーリングで変わってみたい方!

この超・神聖波動ヒーリングを受けてみてください☆

これでダメなら、ヒーリングを諦めること・・・。


スピリチュアルの本当の高い波動に乗る生活を送れていますか?

高次元の波動で、充実した生活、邪魔されない、スムーズな人生へ☆

これは、最も波動の高い、天界の神聖波動ヒーリング!
詳細は下記から
超・神聖波動ヒーリング(キャンペーン中)
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

スピリチュアルな旅人

Author:スピリチュアルな旅人
現実は魂の学びのため、幸せのため必要としているのだと思います。

だから、無駄な人生だとか無駄な時間だとか、そういう考え方ってなかったりする事に気づくことで、世界は自分で変えられることが分かってきます。

全ては自分が創り出していくことを覚えておくと、この先、楽だったりもします。


人生如何に楽しめるか・・・いかに幸せになれるか・・・それが大切です。

そんな暇人が口説くスピリチュアルなブログです☆

line
最新記事
line
カテゴリ
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line